憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

楽さ → 楽しさ                      


書を通して出逢った人たちの影響により
低音楽器のライブ行ったり、ギターのライブ行ったり
大衆演劇見たり、ダンス見たり、
そして 手話を始めたり

そういう今までにないペースで次から次へと新しいものを見て触れて体験して感じる
ということをし続けている今
自分でもホントびっくりするくらい作風が変わってきた。

あらゆる方面からのたくさんの刺激を受けることで
こんなに、もう完全に「見るからに」、変化していくんだなーって
自分の分身(作品)と対面することで、アリアリと実感しています。


そして、ソロパフォーマンスをしているたくさんの人・人・人を見ることで
わたしの中にフツフツと湧き出てきたひとつの想い。

それは
『個展をしたい』
ってこと。

2006年以降、一度もしていない個展。

グループ展という気軽さとある種の面白さに楽さを覚えてしまい
すっかりどっぷりとぬるま湯に浸かって、
おんぶに抱っこさせてもらいっぱなしになってしまっている今日この頃だったけど
それもそろそろ何とかしなきゃなって心のどっかではやっぱ思ってて

だから、
今が丁度そのときなんだと思う。

楽さ を 楽しさ に変えるときが 今なんだと思う。

自分が心から本氣で思える楽しさを追求して
そこからズレない“ものづくり”をする
=それが、自然と『自分のつくりたいもの』になる


ワクワクすること
ドキドキすること
楽しくて仕方ないこと
夢中になっちゃうこと
何時間だって集中できること


今つくっているものは、それがしっかりと確実にできています。
これって、わたしにとっては、ホントにとっても嬉しいこと。

そして今までずっと探してたものが見付かった氣がします。
「これがわたし」って言える作品。
本来のわたしに戻ったと言えばそうだし
初心に還ったと言えばそれも正にそう。
あのときの想いが鮮明に蘇ってくる。

25の今頃、つくり始めたひまわりが
わたしをここまで育ててくれたんだと心から感謝して、
これからも『自分がつくりたいもの』を
正直に素直に受け止めて
ずっとずっと つくり続けていこうと思います。


作品がたまったら、個展、やりたいと思います。


e0051194_6262961.jpg


(これは今つくってる作品のシリーズの2つめの作品。完成まではまだまだでーす。)
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2009-06-20 07:05 | 陶芸