憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

心から贈るキミへのエール             



いつも読む度に

何とも言い難い氣持ちになるブログがある。


ことばが 何も出てこない。

この感情、この想いを表す術は、ない。



イヤでも何でも自分と向き合うしかなくなる。



比べる わけじゃないけれど

こんな風に生きている人たちがいると思うと


わたしは一体何だ・・・?


と、どうしても思ってしまうのだ。




そして、悔しくもあり、哀しくもある

あの子とのキョリ、違う世界に居るという事実を

心の奥深くで感じてしまう。



もっと傍に行きたくても

あの子はある一定のところからそっち側は

誰も寄せ付けない透明のオーラとバリアを張っている。

それはきっと自分を守るためなんだけど

それが見えてしまってからは「どうしようもないな・・・」的なものがいつもぐるぐる ぐるぐる ぐるぐる。。。



彼はわたしにはとてもじゃないけど辿り着けないところを目標に置いて全速力で走り続けてる。

わたしを見ていてくれていても、その目はわたしを通り越してずっと先を見ているんだよね。

目が合ってたって、その瞳に映ってないんだよね、わたしは。



だけど、それが分かっていても、離れるなんて選択肢はゼロ以下で
わたしはやっぱり彼を応援したい。

僕には何も無いとポロッとこぼすその寂しそうな姿や
夢を語ってくれたときの輝いた顔
好きなことをして楽しくて仕方ないっていう満面の笑み

そんな色々を知った今

氣持ちがキミへ向かう今


精神的な部分で支えになれればとても嬉しいけれど、
それができないのなら
せめて、「応援し続けたい」と、ただただ想うよ。


わたしにできることは、今、それだけであり、


それが、全て だから。




「笑って前へ」 を合言葉に

これからも 「顔晴れ!」  
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2009-07-28 07:39 | あれこれ雑記