憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

決めました。                   



来年する予定の個展会場、今日、決めました。

先ほど予約、しました。

日程は、2010年 10/8(金)~10/12(火)

場所は難波と日本橋の間にある『アートスペース亜蛮人(あばんど)』というギャラリーです。

ギャラリーHPはこちら→http://www.aband.jp/



何でここに決めたかというと。

個展をする際に、自分の中でユズレナイ条件がいくつかあって

それを満たしてくれる場所だったっていうのがひとつ。


そしてもうひとつは、不思議なご縁と繋がりがそこにあったっていうこと。



今、このふたつがわたしの両の掌にしっかりと握りしめられています。

このギャラリーとここのオーナーさんに出逢えてホントに良かったです。


きっと、元々そういう風に、決められていたことなんだろうけど
それが今のこのタイミングで訪れてくれたこと
本当に感謝しています。


大事にしたいです。
こういうこと
いつまでも

チャンスと巡り合いと出逢いと繋がり
そして、ご縁

人生って本当にステキで面白い。
ありがとう ありがとう ありがとう。





↑で書いたことをちょっと説明すると。

個展をする際において、自分の中でユズレナイ条件 とは、

①1階で、道路に面していること
②太陽光が差し込むこと
③出窓式のショーウィンドウがあること
④出入口と中(床)がフラットであること(段差が無いこと)
⑤白い壁であること
⑥床はできれば木がいいこと
⑦展示に際して融通が利き、自由にさせてもらえること
⑧使用料はできれば5万円以内が希望
⑨オーナーがいつも在廊してくれること
⑩希望の日程が空いていること

これらが3つか4つくらい当てはまればいいかなって思ってたんですけど
なんと、9つも!当てはまってるんです!!

当てはまらなかったのは⑥だけ。床はコンクリ。でもそんなの全然OK!!
だから結局のところ、全てが満たされてるってことなんです!!!

これはもう決めるしかないでしょう!!!


それで、どうしてこのギャラリーに辿り着いたかというと、
以前バイトさせてもらっていたギャラリーのオーナーさんの弟さんに
「この条件を満たしてくれるような個展会場を探しているんですよー」って話したら
後日わざわざ教えてくれて、1回見に行ってみようと思い、
丁度24日の火曜日にこの付近に行く予定があったので
折角なので、足を伸ばしてお伺いすることに。


中に入ってみたら、すぐ思った。感じた。ビンビンと。ひしひしと。
「ここ、いい」って。
「ここ、氣持ちいい」って。


そして、オーナーさんがすぐに出てきて声を掛けて下さったので
わたしも迷わず「来年個展をしたいと思っていて、その会場探しをしているところです」と
話をしました。

もちろん、この場所を教えて下さったバイト先のギャラリーの方のお話も。
そしたら「あのギャラリーさんとは仲良くさせてもらってますよー」と。


続けて、ジャンルは陶芸で今回はオブジェを展示したいと思っていることを話すと

「わー陶芸!嬉しいです!僕、実は平面より立体が好きで
 立体作家さんを探しているんですけど、なかなかいらっしゃなくて…
 なので、もし良かったら是非個展して下さい!」

と何とも有難いことをおっしゃって下さって。


そして、わたしの過去の展覧会の状況や様子、来年の個展への想い、をお話し、
亜蛮人さんのギャラリーの使用についてとか、コンセプトとか、
オーナーさんの考えとか、オープンから今までのこと、これからのこと、
などなど、色々とお話していただき、それが全部オーナーさんのお人柄に
出ているような氣がして、なんかとってもホッとするというか、安心感に包まれました。

何か変な話、初めてお会いしたような感じは全くしなくて、
それが最初からとても不思議でした。


そして最後に名刺を交換して 帰ろうと思ったら、
わたしの名刺を見て

「え?!あなた、〇〇さん(わたしの名字)ですか?!」

って超驚いた表情&大きな声でおっしゃったんです。


そう言われてわたしもビックリ!

「え?!わたしのこと、ご存知なんですか?!」


そしたら

「僕、あなたの個展、拝見しました!!」

って。

わたし、またまたビックリ!!



どうやらオーナーさん、わたしの最初の個展、谷六にあるギャラリーそらさんでの展覧会を
偶然ご覧いただいていたんです。


そして、その内容とわたしの名前をしっかり覚えていて下さったんです。


こんなスゴイことってない。

3年前にした個展。
展覧会の内容なんて全然どってことない
拙くて幼稚で今思うとどーにもこっぱずかしい展示だったのに
なんかむしろあんなのを見ていただいてたことが恥ずかしくなるくらい

なのに、覚えていて下さった。

しかも、

「あのときはお逢いできなかったのに今ここで逢えるなんて、とっても嬉しいです!!」

って。


そんな風におっしゃっていただけたことが本当にとても嬉しくて、
その偶然と目に見えない糸で繋がっていた不思議な縁に心から感謝して、

ここで、このギャラリーで、このオーナーさんの元で4年ぶりの個展をしようと
決めました。



今回、こんな体験をして、また改めて思いました。
ホントにわたしはツイテル。恵まれてる。守られてる。囲まれてる。愛されてる。
わたしはいつも流れるままに導かれるままに行動してるだけだけど
いつの間にかちゃんとそのときそのときにベストなタイミング、
いちばんいい状況・いい状態が完成した時点で
行くべきところ、逢うべき人のところに
必ず連れていってくれる。


目に見えない力は本当に存在する。
ただただ感謝。わたしにはもう、それしかない。

代わりにできることと言えば、わたしの今いちばんの目的である
来年の個展を成功させる それだけ。

わたしにできることはそれだけ。

だから、それを精一杯やろうと思う。


楽しむ氣持ちを忘れることなく、思い切り、がんばりたいと思います。

今この瞬間から、氣合いと氣持ちを入れ直して、
また明日からオブジェづくり、作品づくり、励んでいきまーす!



個展について詳しいことが決まったらまた随時お知らせさせていただきたいと思うので
来年の10月、時間のある方は是非見に来て下さいね!!!
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2009-11-26 22:05 | 陶芸