憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

来年2月末より          



小さい個展をすることになりました。

えらい急に決まったんですが

それはこれを見に行ったことから始まりました。



★★★

ひっさびさに訪れた谷六にあるギャラリー『そら』さん。

何で行ったかというと、↑の展覧会の作家さんふたりが知り合いだからです。


谷健一さん は わたしのおじさん。おかーさんのおにーさんです。

小久保和美さん は 健一おじさんに紹介してもらったというか、
いつもおふたり、一緒に活動されてるので、自然と会うようになった、
という感じです。

和美さんはおかーさんのおかーさん、わたしのおばーちゃんが亡くなったときも
お葬式に来てくれて一緒に泣いてくれました。
色んなことを精力的にされていて、パワフルでサバサバタイプ、
でも女性の部分がしっかり残っていて本当にかっこよくて素敵な方です。

そしてこれは去年分かったことだったんだけど
(あ、これはおかーさんと健一おじさんの間での会話の内容です。
わたしはその話を後でおかーさんから聞きました。)
健一おじさんは実はばーごんせんせ(わたしの書の先生)と会ったことがあって
それは和美さんにばーごんせんせの京都個展に連れて行ってもらったから
ということだたんだけど
健一おじさんもわたしもお互いに『伊藤進さん』のことを知っていたけど
それぞれが知ってるってことを知らなくて
その事実が判明したときには「何で知ってるの?!」ってそれはもうビックリ仰天!でした(笑)

で、わたしとばーごんせんせの出逢いは中崎町での書の教室、だけど、
健一おじさんは京都での個展会場。
和美さんに連れられて行ったということでしたが
何で和美さんがばーごんせんせのことを知ってるかってことが疑問で。



そしたら何とまぁ

こんなことってあるんですねぇ~~~~


実は和美さんはばーごんせんせの学生時代の恩師の先生の奥さん、だったんです!!


すごい。
世間は狭すぎる。

これを知ったときにはほんまに鳥肌が立ちました!!


でも、同時に嬉しくもありました。
だってそれって、出逢う前から実は繋がってたってことだもん。
知らないところで少しずつ引き合ってて
ナイスタイミングで出逢った。
きっと絶対そういうことだと思うから。



ちなみに健一おじさん、初めてばーごんせんせに会って、個展を見せてもらったときに
「この人の字はすごい!」と思ったらしく、その場で『今がすべて』の本を
購入してサインを書いてもらったらしいんだけど、
ばーごんせんせはいつもその人へ何かことばを書いてくれていて
健一おじさんに向けて書いたことば、それが
『今自分が描いてる絵のタイトルそのもの』だったらしく、
(おじさんは絵を描いてます。がもちろんそのタイトルの話とかはしていません)
どえらい興奮して、友達にもプレゼントしたくなり
後2冊ほど購入してそれにもことばを書いてもらってん♪とめちゃ嬉しそうだったそうです。

で、おかーさん、そのときに、そのことばを見せてもらいたかったんだけど
おじさん、本をどんどん人に貸して廻ってて、どれもこれも手元にないとのことで
めっちゃ残念がってました。
このとき、おじさんにって書いてくれたことば(絵のタイトルそのままのことば)を
聞いたと思うんですが帰ってくる頃にはすっかり忘れてしまっていて
「もうおかーさんしっかりしてよ…」と思ったことは言う間でもありませんよね(^^;)



そんなこんなな出来事があり、今回、わたしのおじさんと和美さんが
初めてふたり展をすることになり、それが懐かしの『ギャラリーそら』ということもあって
「これは行かなきゃ!」と行ってきたのが、9日の木曜日でした。


あぁそっか、何でこのふたりがそらさんですることになったかって話をしないとね。

わたしが2006年にそらさんで個展をさせてもらったとき
健一おじさん経由で話を聞いてくれた和美さんが見に来てくれました。
わたしはそのとき初めてお会いしたんですけど、そしたらオーナーさんと
和美さん、その場ですごく意氣投合して、その年の
「『からほりまちアート』に是非参加して下さいよ!」ってことになって、
このときはわたしも出すことになっていたので
「じゃあやってみます」とOKして下さり、そこで初めておじさんと和美さんの
コラボ作品がお目見えすることになりました。そのときの作品は、風船や布などを使ったオブジェが空堀商店街のアーケードの天井にぶら下がってました。
(あーーめっちゃ懐かしいーーー)


で、そこからおじさんと和美さんとそらのオーナーさんとの繋がりができ、
その翌年だったかな、からほりまちアートの企画で「フラッグアート」っていう
誰でも参加できるイベントがあって、それは、ギャラリーから提供される
生成の小さい布をテーマに沿って、ジャンルは何でもいいので作品に仕上げる
っていうものでした。確かテーマは海、やったかなぁ??
そらのオーナーさん、おふたりには是非とも!参加して欲しい!とすごい
ラブコールがあって、和美さんは出されてたんやったかな~?
ちょっと忘れてしまいましたが、健一おじさんは参加してました。
それで、この企画は一般投票があって見に来てくれた人が好きだと思う作品に
投票するんです。で、トップ3くらいには商品とか、無料で展示できる権利とか
そういうのが贈られることになっていました。
そしたらね、何と健一おじさんてば見事に優勝しちゃったんです。
これにもびっくり!結構な数がエントリーされてたんですけど、
その中でダントツトップとは!!! すごい。。。

おじさんは「何であんなのが…?!」って頭抱えてましたが(笑)

でもそこからオーナーさんの健一おじさんへのラブ度が増しに増して
「いつか必ず個展をして下さい!!」とずっとお願いし続けてらっしゃいました。

実はこのときの優勝の商品が、そらさんでの無料個展の権利、だったんですけど
おじさん仕事(自営業)が忙しいからという理由で
(まぁきっと自分は個展なんてできるような人じゃないと思ってたんでしょうけどねー)
優勝を辞退していました。

その後も、仕事をしながら好きな絵を描き続けていて
毎年開催されているそらさんでの『サムホール展』にもオーナーさんからの
熱い要望があるのでここ何年も連続で参加しています。
こちらは和美さんもいつも面白い作品を出展されています☆

そんな何年にも及ぶオーナーさんの「いつか個展を!!」という想いに
やっと重い腰をあげることになった健一おじさん。
でも、ひとりでは荷が重すぎる…ということになり、
和美さんに「一緒にやらへん…?」と声を掛け、『ふたり展』ということになったそうです。

それでも、秋ごろに会ったときにはおじさんめっちゃ不安がってて
「ほんまにできるんやろうか…作品、間に合うんやろうか…DMつくれるんやろうか…」
ってずっとわたしの傍でくらーーーく呟いていました(笑)


でも、そんな不の要素なんてこれっぽっちも感じさせないとっても爽やかで
氣持ちいい空間になっていました。
「見に行って良かったーー」ってすごく思ったし。

普段は絵を描いてるおふたりだけど、ちょっと遊び心を取り入れてみたみたいで
インスタレーション系やオブジェの作品がいっぱいあって
見ていてとても楽しかったです♪

おじさんの青と和美さんの針金作品、なんか海の底にいるような感覚になりました~



そんな作品たちを見ながらオーナーさんと久々のおしゃべり。
ずーーっと会ってなかったので、わたしに話したいことがいっぱいあったみたいで
次から次へとお話が続く続く(笑)  

でもそういうのがとっても嬉しくて☆

そんな中、「2月末~ポンッと空いてしまってるんやけど、鵜飼さん、できる~?」と。

なんかあまりにも自然な流れの中に浮上したお話だったので

あら、まぁ? って感じでしたが

「また一緒にできたら嬉しいな[m:72]」 というおことばに

個展なんてもう全然考えてもいなかったわたしの思考回路に
「個展をする」という全く新しい発想というか、光?道?風景?みたいなものが
ぱぁ~~~っと入ってきて、「あぁそらさんで個展、いいかもしれない…」と
不思議と素直にそう思えました。


ただ、2月末となると時間がホントにない。
陶芸はすぐ出来上がるものじゃないから予定を立ててみてからじゃないと
何とも言えないなぁと思い、そのときは返事を待ってもらうことにしました。

でも、帰り道はそらさんでのあの空間だったら「こういう感じがいいなー」と
もうそのことばっかりを考え想像し、空想し、楽しんでいる自分がいました。


そして、その後、焼成の日程などを組み直して、何とか間に合うなってことを
確認してからオーナーさんに「よろしくお願いします!」とお返事させていただきました。

とっても喜んでいただき、「また一緒に素敵な空間をつくれると思うと嬉しいです♪」
と言っていただきました。


個展の日程が決まったら、後はそこに向けて走り始めるのみ。
正直ホントに時間があまり無いのでやることどんどんやっていかないと
間に合わなくなるのでこれからが大変ですが、
でも、「自分がやりたいと思ったこと」なので、大丈夫。


10月に亜蛮人さんでさせていただいたときは1年半くらいかけて作品を
つくってきましたが、今回はたった2ヶ月。
2ヶ月で一体何ができるのか、また、2ヶ月だからできるもの、
きっと色々あると思うので、自分に起こったチャンスだと思って
それを目一杯楽しみながらチャレンジしていこうと思っています(^^)v

ひとつ言えることは、前回とは全く違う作品たちが並ぶことになると
思うので皆さんお楽しみに~~(^@^)/
(今回は初の和室です!)


今決まっていることは日程と場所、くらいですが、一応お知らせさせていただきますね~



【鵜飼 梨英子 陶展】  

日程:2011.2.28(月)~3.5(土)
時間:13:00~20:00 (最終日は17:30まで)
場所:ギャラリーそら 〒542-0012 大阪市中央区谷町6丁目4-28
   
   ※今回は、メイン空間の奥にある『そら+』という和室3畳の
    ミニスペースでの個展になります。
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2010-12-15 10:38 | 陶芸