憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

素敵な月の名             



わたしの大切な本『しあわせのパン』で

満月前夜の月の呼び名というものを初めて知って

それは『幾望月』というんだけど

読み方が分からないまま

わたしは『いくみづき』と読んだ。


満月に向かってたくさんの希望を託す月、という意味に捉えて

そう読んだ。


いくみ っていう音の響きは昔から好きで

だから すんなりしっくりきて

「いいじゃん」って思った。




家に帰って、調べてみたら 分かった。



『幾望月』は『きぼうづき』って読むんだってこと。



希望とは違うけど、同じ音。

きっと昔の人は、幾望を希望と同じ意味で考えてたんだと思う。

わたしと同じような想いを抱いてこの呼び名を付けたんだとしたら

なんだかそれはとても幸福を感じることだな、と素直に思って

とても 嬉しくなった。




調べたサイトにひと月分の月の名が紹介されてました。

どれもこれもとてもキレイで素敵なネーミングなので

ここに載せておこうと思います。




1:朔(さく)/新月(しんげつ)

2:既朔(きさく)

3:三日月(みかづき)

7/8:上弦(じょうげん)

13:十三夜(じゅうさんや)

14:小望月(こもちづき)/幾望(きぼう)

15:望(ぼう)/満月(まんげつ)/望月(もちづき)

16:十六夜(いざよい)/既望(きぼう)

17:立待月(たちまちづき)

18:居待月(いまちづき)

19:寝待月(ねまちづき)/臥待月(ふしまちづき)

20:更待月(ふけまちづき)

22/23:下弦(かげん)

29/30:晦(つごもり)




今日は8月10日。

丁度 下弦(かげん)、みたいです。半分のお月さまですね。

仕事帰りにまた、夜空を探してみたいと思います。





昨日、教室で久々に流した曲。

Polaris(ポラリス)というグループのアルバム『Family』に入ってる

深呼吸 という唄。


このグループを教えてくれた人、もう10年の付き合いになる方なんだけど

絵の先生をしていて、わたしも陶芸の学校に行ってるときにデッサンを習ってました。


卒業してからも変わらずかわいがっていただいていて展覧会の案内をいただいたときは

毎回必ず見に行ってます。 先生の絵、昔から、大好きなので。

今はずっと空の絵を描いてらっしゃって それはそれは素敵な絵です。


で、そのPolarisの深呼吸という唄、今youtubeで見てみたら

なんと、ミュージシャンの後ろにかかってる絵が空の絵だった。

見た瞬間「先生の絵みたい!!」ってめっちゃ思った。


正に、こんな感じなんです。 先生の空の絵って。


(この唄は歌詞もメロディも大好き。ちなみに『Polaris』とは北極星のことです☆)


『深呼吸』 Polaris  ←動画見れます。


大きな声で 呼んでみたよ
力を抜いて 聞いててよ
もどかしいような 幼いような 届かない言葉たち
ねぇ…

大きく息を吸ってみたら
とたんに胸を 押すように
僕らの暮らしは囁いている
「いろんなことがあるねぇ。」

さみしくなる
うれしくなる
かなしくなる
たのしくなる

生きるほどに僕はゆらり…

晴れのち曇り ときどき雨
そんなときは 深呼吸して
愛を唄い 出逢いましょう

大きな声で 叫んでみたよ 光がさして見えた
まわり続ける日々ありがとう
ひまわりは ゆれている

ため息ついて 泣きたくなる そんな朝は
深呼吸して 愛をうたい 出かけましょう

さみしい風 楽しい時 生きるほどに 
信じること 信じること

晴れのち曇り ときどき雨
そんなときは 深呼吸して
愛を唄い 出逢いましょう

深呼吸して…
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2012-08-10 09:20 | 心に響いたこと