憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『冬は必ず春に!』             



タイトルの『冬は必ず春に!』は

昨日行きの電車の中で途中からお隣に座られた紫のおばーちゃんが
(帽子、ストール、髪の毛までもが色んなトーンの紫だったのだ!)

読んでらっしゃった何かの冊子

とても熱心にお読みになってるから

ちょっと興味が湧いた。

失礼とは思いながらも右目を斜めに寄せてみて

上からすこーーし覗いてみた。


少し大きめの文字しか見えなくて、それはその文章のタイトルだったんだけど

それが

『冬は必ず春に!』

だった。


それを目にしたとき

案の定

一瞬にして、潤んだ。



春は来る。

寒い冬の後には必ず暖かい春がやって来る。

出逢った春がまたやって来る。

大丈夫 大丈夫 大丈夫。


心丈夫にこの冬を乗り切ろう。


たまたま隣に座ってくれて
たまたまその冊子を読んでくれて
たまたまそのページを見てくれて、そして、
そのタイトルをわたしに見せてくれて
元氣と勇氣とやる氣を、ありがとう、紫のおばーちゃん。



実は今、また、『みをつくし料理帖』をお借りして読み直しをしていて
(おかーさんが読みたいって言うので会員さんにまた貸していただいていて
それを母よりも先に読んでいる娘)

今の自分のことだな、と思った箇所を携帯に入力した。

もしかしたら以前にもこれを書いたかもしれないけど
そうだとしたら
多分このことばはわたしにとって相当大切な意味を持つってことなんだろうな。


-------------------------------------------------------------------

みをつくし料理帖『夏天の虹』より

心は振り子のごとく、希望と失望の間を行き来する。
それでもそのことばに出逢ってからは、希望の方へ、より多く氣持ちを寄せられる。

-------------------------------------------------------------------


で、わたしにとって、『そのことば』って何だろう?って

ずっと思ってたけど

分かった。


『冬は必ず春に!』


今ここにある希望

この先にある希望

希望=幾望

次の満月前夜が楽しみだな。 (12/27みたいです。)




そんな訳で昨日の朝はとんでもなくどんより大雨模様だった心が

この紫のおばーちゃんに出逢えたお陰で一氣に晴れ上がり、

楽しく氣持ち良く笑顔でサクサク仕事ができました!

正に、“一期一会”の出逢いを届けてくれた神様に心から感謝☆


e0051194_1013921.jpg


e0051194_10132962.jpg


※写真は仕事の合間を縫って、つくったクリスマス用のあれこれ。
 さて、焼き上がりがどうなるか、楽しみ楽しみ~♪
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2012-12-06 10:16 | 心に響いたこと