憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「致知」より、色々。       




致知のメルマガ、以前は『一日一言』っていう
一言だけのものを登録していたんだけど
他にもあることが分かり、
最近あと2つも登録しました。

それは所謂よくある感じの『メルマガ』で
一言で言うと、“長い”んですよね(笑)

恐らく、携帯ではなくパソコンで見るものとして
書かれているんだろうなと思います。
(スマホならともかく、ね 笑)


でも、(読みにくくても)、書かれていることは、すごくよくて
昨日教室で色々見ていてピックアップしたことがいくつかあるので
ご紹介させていただこうかな、と思います。


メルマガの登録は無料なので
ご興味ある方は是非どうぞ~

致知メルマガ登録




――――――――――――――――――――――――
今日の言葉 平成25年12月19日(木)
―――――――――――――――――――――――――


 人間の基礎は、一応四十才までに築かねばならぬ。

 それまでは水中を潜るように孜々として進まねばならぬ。

 先ず四十才までは沈潜して苦行することです。

 人間の基礎は、その人の実力に比して
 やや低い地位に置かれたときに出来るものである。

 『森信三 訓言集』より(致知出版社刊)
  http://tinyurl.com/pyhl749



┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏


       「成功者の習慣」

            松本明慶氏(大佛師)

              
      仕事でもらったストレスは仕事で返す。

      また次にストレスがやってきても、
      そうやって繰り返していくうち、
      だんだん間隙が少なくなって、
      すーっと仕事ができる。


            『致知』2010年5月号より


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




――――――――――――――――――――――――
今日の言葉 平成25年12月20日(金)
―――――――――――――――――――――――――


 苦労をしなさい。

 少なくとも避けようとしなさんな。

 人間は苦労によって幅と厚みとが出来るからです。

 凡人は自分だけが苦しんでいると思っているから
 「やり切れぬ」と思うのです。

 ところが、こうした苦労は過去にも必ずや経験した人があり、
 現在もまた経験しつつある人があり、
 将来も尚経験する人があるものです。

 人間もこの辺のことが分かってくれば、
 わが苦しみから、他人の苦しみを想う慈悲心が生まれてくる。

 そして苦しみのある時は
 「自分をおめでたくしない為の神の恵みだ」
 と思えるようになるのです。


 『森信三 訓言集』より(致知出版社刊)
  http://tinyurl.com/pyhl749



┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏


       「成功者の習慣」

            大見英明氏(コープさっぽろ理事長)

              
       「頼まれたら断るな」
       「転んでもただで起きるな」
        という親の教えを守っている


            『致知』2009年11月号より


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




◆致知出版社の「人間力メルマガ」-----2013年12月20日 ◆




┌───────今週の一冊───────────────────┐


      『森信三訓言集』


           森信三(著)

            定価・1,365円(税込)
            http://tinyurl.com/pyhl749


└───────────────────────────────┘


SBIホールディングス社長・北尾吉孝氏、
経営コンサルタントの小宮一慶氏、
リブセンスの村上太一氏など、
経営者やビジネスマンからも、愛読書や座右の書として
取り上げられることの多いベストセラー『修身教授録』。

“国民教育の師父”と謳われ、いまなお多くの人々に
感化を与え続ける森信三先生の新刊、


『森信三 訓言集』
http://tinyurl.com/pyhl749


の発売に際し、『致知』読者の皆様にアマゾンでの先行予約の
ご案内をさせていただいたところ、
総合ランキングで一気に42位まで上昇いたしました。

(※ただいま、アマゾンでは、一時在庫切れの表示に
  なっておりますが、随時対応はしておりますので、
  そちらからもお求めください)


『森信三 訓言集』は、『修身教授録』と同時期に生まれた
“幻”ともいえる語録集で、このたび約80年の時を経て、
よみがえることになりました。

森信三先生の真骨頂ともいえる、名言・箴言の数々。
収録された114の訓言が、あなたの魂を揺さぶり、
日々を生きる力を与えてくれるはずです。


本書の中から、心に残る言葉のいくつかを
ご紹介させていただきます。


●人間の偉さは、その人の苦しみと正比例する。
 世の中は正直そのものである。

 その時代における最高の人物は、
 最大の内面的苦行をした人である。
 つまり天はその人の苦労に等しいだけの価値を与え給うのである。


●落付きを失わぬこと。ゆとりを持つこと。
 あわてぬこと。あせらぬこと。
 早口は余裕をもたぬ証拠である。


●人間は自分の目標を明確にして居らばならぬ。
 誘惑や迷いは、それに弛みができ隙を生ずるからである。


●肉体的苦悩や精神的苦痛は、
 なるべく人に知らさぬように。

 人に病苦や不幸を漏らして
 慰めてもらおうという根性は女々しいです。



その他にも……


・真の学問の道

・すべての行為は人柄の現われ

・長たる者の務め

・教育の三つの根本目標

・備品は私用に使わない

・一流者の生き方

・弟子の義務

・四十歳は人生の峠

・たしなみある人

・欲求を如何に処理するか

・教師に重要な正確な時計



……などなど、読む人の生き方、あり方を
鋭く問う内容になっております。

本書を踏まえた上で『修身教授録』を再度お読みいただくと、
その教えの真髄が一層深く理解できるはずです。


約80年の時を経て甦る、森信三師の真骨頂。


ぜひ年末にお読みいただき、新しい気持ちで
2014年を迎えていただければと願っております。



◇森信三先生について

   明治29年愛知県生まれ。大正12年京都大学哲学科に入学し、
   主任教授・西田幾多郎の教えを受ける。卒業後、同大学大学院に
   籍をおきつつ、天王寺師範学校の専攻科講師となる。

   昭和28年、神戸大学教育学部教授に就任。同35年、神戸大学退官。
   同40年、神戸海星女子学院大学教授に就任。
   同50年、「実践人の家」を設立。平成4年11月逝去。

  “国民教育の師父”と謳われ、教育界のみならず、
   SBIホールディングス社長・北尾吉孝氏や、
   経営コンサルタントの小宮一慶氏、リブセンスの村上太一氏など、
   経営者やビジネスマンなど、いまなお多くの人々を感化し続けている。
   主な著書に『修身教授録』。
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2013-12-21 07:56 | あれこれ雑記