憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

こんな1日。          


致知より。



───────────────────────────
 今日の言葉  平成26年3月26日(水)
───────────────────────────


晩年の松下幸之助氏は、
「感謝と畏れを忘れるな」とよく言ったという。

人生には人知をはるかに超えた働きがある。

その目に見えないものに対する畏敬の念を失った時、
何が起こるか。

その恐ろしさを熟知した人ならではの、
人生の急所を衝いた言葉である。


 『人生の大則』 藤尾秀昭 著(致知出版社刊) 
      ⇒ http://tinyurl.com/kfsgzkn



-------------------------------------------------------------------




◆ 致知出版社の「人間力メルマガ」-----2014年3月26日 ◆


かつて99歳で『論語』を講じる人が
存在したでしょうか?


伊與田覺(いよた・さとる)氏、白寿。


昭和の大碩学と謳われ、
歴代首相や財界リーダーたちから
師と仰がれた安岡正篤師の高弟です。


99歳のいまも3時間もの講義をこなし、
背筋のピシッとした立ち居振る舞いは
いささかも老いを感じさせず、
感動を禁じ得ません。


矍鑠たる貴老の伊與田氏が語った
「人生の心得」とは――。


┌────今日の注目の人──────┐



 「人生の根本は無心になること」
         

   伊與田覺(論語普及会学監)

     
 ※『致知』2014年4月号
  特集「少年老い易く学成り難し」より


└─────────────────┘

※対談のお相手は、同じく安岡正篤師を
 師と仰ぎ、96歳のいまなお講演で全国を行脚する
 福島新樹会代表幹事の渡邉五郎三郎氏です。


伊與田 『老子』に、


「道は一を生じ、一は二を生じ、
 二は三を生じ、三は万物を生ず。
 
 万物は陰を負いて陽を抱き、
 沖気を以って和を為す」
 

とあります。


一から二を生じ、二から三を生じ、
三から万物を生ずというけれども、
この三が僕にはどうも分かりませんでした。


ところがその答えが『老子』にあって、
三とはなんぞやというたら沖気だと。


沖気というのは無心の心で、
それが両者を結ぶわけで、和気ともいいます。


その沖気の働きがすべてのものをつくっていくと。


一つのものだけでは創造ができない。
異質のものが沖気(縁)によって
結ばれて別のものになる。


万物はそうして異質のものが結ばれて
植物になり、動物になり、人間になるんだと。


その微妙な結び役というものが
目には見えないけれども存在するんですな。


去年体調を崩した時、
ベッドの上でずっと天井を見ておると、
板の継ぎ目にぶらんとぶら下がっているものがありましてね。


ゴミのような白い玉が
目に見えないような糸で結ばれていて、
これが風が吹く度にあっちこっち動き回る。


わしの生命もあんなものかと思ったら、
短気を起こすな、まぁゆっくりしてから逝けと
教えてくれているような気がして、


それから毎日寝る前に、
そのぶら下がっているものに
手を合わせるようにしているんです(笑)。


渡邉 そうでしたか。


私はこれまで安岡先生との道縁に
導かれて学んだことを踏まえて、
これだけは最後まで貫いていきたいと考えてきたことが三つありましてね。


一つはきょうのテーマである
学にも通じるもの、人づくりです。


二つ目は一燈照隅です。


どんな立場にあっても、
自分の置かれた環境を明るく照らして
よりよい方向に変えていきたい。


そして最後は、安岡先生が晩年
よく説かれていたように、
無名有力の人になること。


人知れず己をひたすら磨き高め続けていく
ということですね。


私はこの三つを貫いていくために、
なおも学の道を歩み続ける覚悟です。


伊與田 僕はきょうもこうして元気に対談しているけれども、
    99まで生きようと意識してきたわけではありません。


すべて縁であってね。
何しろこれまで10回近く入院してきたわけだから(笑)。


渡邉 あぁ、10回も入院を。


伊與田 勘定してみると全部で300日くらいになります。
    だから病気というのは必ずしも
    死に繋がるものではないということは分かります。


25歳の時には結核になりました。
当時は不治の病でしたから、
療養生活が長引いたら周りに迷惑がかかるから
早く死んだほうがいいと思うていました。


これが1回目に死を覚悟した時です。


ところがどうしてもやらなければならないことができて、
どうせ死ぬならこれをとことんやり通して
死のうと思って、薬もやめた。


ところがそれを達成したら咳も微熱も治まって、
医者から「病気は治ってますわ」と言われ、
ともに大笑いしたことがありました。


2回目に死を覚悟したのは先程もお話ししたように、
昭和20年6月15日、僕の誕生日に赤紙が来た時です。


ところが僕の所属した部隊が
艦載機の集中射撃を受けて全滅したのに、
僕1人が生き残った。


その後もがんに2回かかりましたが、
結局のところ人の命というものは
人間の計らいではどうにもならない
ということに気がつきました。


だから無心になることが根本だと。


渡邉 本当に同感ですね。
   

何とか生きたいと思っても、
こればかりは仕方がありません。


伊與田 『中庸』に、


「患難に素しては患難に行う」


とありますが、まぁ病気になったら病気になったで、
あまり気を患わさずに対していく。


そうすると割合気が楽ですね。


人生には困難がつきものですが、
そういう姿勢で乗り越えて学びを深めていく。


そうして息を引き取る時に
最も円熟した自分でありたいと念じております。



-------------------------------------------------------------------



わたしの今日のことば。

1日体験にいらして下さってた方とお話していて、

その方が幾度となくおっしゃったことば。


「先生何でそんなに優しいんですか?」


真顔で真剣に目を見つめられてそんな風に何回も問い掛けられて(若い女性です)

いやもう、びっくり。ですよ。。


この超淡泊なわたしが優しいだなんて。

この適当さ加減満載のわたしが優しかったら

わたしの周りにいて下さる皆さんは

どうなるんだ??

優しい なんてことばでは もう説明できないじゃないかー!!!


と、その後も仕事しながら、延々考えてましたあせあせ

「わたしが優しい?そんな馬鹿な!」って。


+今日致知から届いたメールに書かれていたことば

「感謝と畏れを忘れるな」

正に言い当てられた、って思いました。


完全に忘れてしまっていました。。。


思い出せて良かった。

そして同時に思った。

「全部、受け容れよう」って。

「全て、感謝して、全部、受け容れられたら、楽になる」って。

「大丈夫」って。


そんな1日、でした。



そして、今夜もやっぱり最後は整萌さんの音楽を。

尺八奏者 山口整萌さん 『kosmos』

ライブバージョンも好き
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2014-03-26 23:22 | 心に響いたこと