憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

本当に書きたいことが



書けない状況

は  辛い


そうでもないときも あるけど

やっぱ 辛いな


「書く」 ことで  うまくバランスをとっていたわたしだから

それができなくなると  ちょっとずつ 壊れていく気が したり


ホントの想いをぶつける場所が 奪われて

その怒りの矛先を 向けていいものも  今はない

バカなわたしは  またとんでもないところへ  飛んでいく


だけど、両手を拡げて待っていてくれる  そんな宇宙は 遠すぎて

何回翼を付け替えたって  結局辿り着くことなんて  夢のまた夢



好きなものがあると 強くなれる

と  聞いたことがある


好きなもの=好きなひと  と考えてもいいのだろうか

だとしたら わたしは 強くなんてなれていない


弱い汚いずるいわたしが 増えていくばかり

それでも やっぱり それは変わることがなくて


こればっかりは、  意に反してようがしてまいが

ホントにどうしようもなくて


どうしようもないことなのに

全然消えなくて 全く消せなくて


どうしようもなくて

どうしようもないことだから

余計にどうしようもなくて

どうしたらいいいか分からない




だって

笑って 心 開いたら  あなたのこと  好きになった  (by レミオロメン 『太陽の下』)


この事実からは  逃げられない。
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2006-03-05 14:09 | あれこれ雑記