憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ひつじさん


みんとしゃんひつじさんとてもかわいい絵をUPされていたのを拝見したら
そういやわたしも学校行ってるとき「ひつじさん」つくったなぁと思い出し、
部屋の奥の奥にしまいこんでいたものを、たった今ひっぱり出してきました☆
(干支の置物をつくるという課題で作成。)

制作に入る前にクラスのみんなで天王寺動物園に行き、ひつじそのもののスケッチをしました。
じーーっと見てたら、何故かパッと思い浮かんだのがうちの母の顔だったので、
いざつくり始めるというときになって、表情というか、全体というか、『母』をイメージしてつくりました。

「うちの母の顔をしたひつじ」

みんとしゃんには何故か相当ウケてしまったようで、爆笑されましたが・・・
うーーむ。これ(↓)なんだけど、変かなぁ~~~~~??
はまりにはまったみんと姉さま、思い出し笑いして楽しんでみて下さい(爆)
e0051194_14134734.jpg
(まず石膏型をつくり、そこに粘土を押し当てて左右をうまく張り合わせ、くっつけていきます☆
この方法だと同じものが何個でもつくれるので便利でーす)






↑のひつじさんは1年生のときの課題。
そして。
2年生のときは「さる」でした。

このときも同じように動物園におサルを見に行きました。
(このときは流石にもう「各自で行ってスケッチしてきて下さーい by 先生」だった 笑)

ひつじのモデルは母。
おさるは、というと。

姪っ子、ひかるでした☆

ちょうどこのとき2歳前くらいだったのかなぁ?
とにかくかわいくてかわいくて、ちょこまか動き出した頃で、でもパパママにべったりで
本当に動物園で見た子ザルそのものでした(^~^)

それがコレ↓
e0051194_1414485.jpg


顔のUPデス。見えるかなぁ~~
e0051194_14153384.jpg
(これは「鋳込み」という技法でつくりました。石膏型をつくってそこに液体の土を流し込んで固めます。)

おさるのひかる(?)は今月2日で4歳になりました。
どうやらかなりのファザコンのようです(笑) このままいくとヤバイです、はい(爆)

ねぇひかる、時々呼んでくれる「おねえちゃ~ん」の一言が
クールを装ってるように見えてるおばちゃんだけど、
実はどれだけ嬉しくて、どれだけ喜んでるか、なんて、
まだ4年しか生きていないあなたには

きっと、わかんないだろうな☆


大きくなったら一緒に買物行ったり、映画行ったり、旅行行ったり、しようね(^^)
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2006-05-13 14:30 | 陶芸