憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

大好きな色だった

e0051194_2326131.jpg








雨が降った。

そう、始まりはいつも 雨。


わたしは晴。
あなたは雨。

日傘と雨傘、両方いるね☆


帰り道、わたしは何故か中学生になる。
真っ暗な闇から透明の粒が無数に落ちてくるその空を見上げてると 14のあの頃に戻る。

魔法をかけられたわたしは 
甘酸っぱくてちょっと苦しい だけど愛おしくシアワセな感情
ただそれだけで毎日満たされていた
中学生のあの頃の想い あの頃のわたしに 戻る。

ただ必死に ひとすじに 想い続けた 幼いわたしに。


あのときも叶うはずがないと分かってた。 だけど、想い続けた。
このいまも叶うはずがないと分かってる。 だけど、想い続ける。


そして、決まって思い出す。
雨が降ると、
この唄を。

e0051194_23263211.jpg

e0051194_2326471.jpg



君に逢う日は 不思議なくらい
雨が多くて
水のトンネル くぐるみたいで
しあわせになる
君を愛する度に 愛じゃ足りない気がしてた
君を連れ出す度に雨が包んだ


君の名前は 優しさくらい
よくあるけれど
呼べば素敵な とても素敵な
名前と気付いた
僕は上手に君を 愛してるかい 愛せてるかい
誰よりも 誰よりも
今夜君のこと誘うから 空を見てた
はじまりはいつも雨 星をよけて


君の景色を語れるくらい
抱きしめ合って
愛の部品も そろわないのに
ひとつになった
君は本当に僕を 愛してるかい 愛せてるかい
誰よりも 誰よりも
わけもなく君が 消えそうな気持ちになる
失くした恋達の 足跡(あと)をつけて


今夜君のこと誘うから 空を見てた
はじまりはいつも雨
星をよけて ふたり 星をよけて


『はじまりはいつも雨』  by 飛鳥 涼
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2006-06-08 23:45 | 写真