憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

個展が終わって


今、おもうこと。

なんだろ。
きっと絶対いっぱいあるねん。

だけど、なんでかな。
出てきそうで出てこない。

やっと終わったーー!って感じもするし
あ~ぁ終わっちゃった・・・って感じもするし。


まぁあんまりしみじみと振り返ってる時間はないっていうのもあるんだけど。







今回の『ギャラリーそら』さんでさせていただいた個展がきっかけで
10月に行われるアートイベントに参加させていただくことが決まり、
それに向けて作品を練っていかなきゃいけないってことがひとつ。

今月末、『ギャラリーR・P』で行われる毎年恒例『Tシャツ展』に出展させていただく作品を
どんなものにするか、モトになるものは一応あるのでそれをどういう風につかうかを
そろそろ考え始めなきゃいけないってことがひとつ。

今月中に制作を頼まれているものをつくっていかなきゃいけないってことがひとつ。

個展を見に来て下さった方で注文して下さった方がいらしたので、
その依頼品をなるべく早くつくらなきゃいけないってことがひとつ。

あるギャラリーで来年開催予定の展覧会に応募したいので、その応募書類を中旬までには
書いて仕上げて写真も選んで、送付しなきゃいけないってことがひとつ。


○○しなきゃいけない なんていう書き方、今まであんまりしてなくて
それは自分がそういうの嫌いってこともあるし、そんな義務感や束縛感を感じてしまうようなことが
無かったってこともあるし、だから自然とつかってこなかったんだけど、
なんでかな。
今日はつかってしまった。

ことばにして表して、これを読んだ方は いかにもわたしがこれらのことを強い「マイナス」に
捉えてるように感じるかもしれない。
だけど。
それは違う。
全然、そんな風に思ってはいない。
(なので、気を悪くされませんよう、心よりお願い致します。)


次から次へとつながって、どんどんどんどん広がって、そして、やりたいことへ近づいていく。
そのことが「何となく」ではなく、「確実に」、分かるから。
頭で分かるっていうのではなく、5感6感、体、こころ、それこそホントに足の先から指先まで
わたしをつくる全ての要素が「そうだ」って感じてる。

じゃあなんで?
って自分で自分に聞いてみたら。

すぐに返ってきた答えは、

「そういうのとは違うところで、自由に好きなように、したいことがあるねん」ってことだった。

何かがあるからそれをする のではなく、 (もちろんそれはすごく大事なことなんだけど。)

何もないからそれをする

何もないからそれをしたい  そんな感覚。


正直なところ、「ゆっくりしたい」気持ちがある。
正直なところ、「ゆっくりしよう」と思っていた。
正直なところ、「ゆっくりするんだ!」って決め込んでいた。


だけど、こうやって色んなことがこの先に待っていた。
きっと、「ゆっくりするにはまだ早い」ってことなんだと思う。

色々なところから声をかけていただけること、制作依頼をしていただけること、
誰かが待っていてくれること、それはとてつもなくものすごく幸せなことで、
こんな未熟なわたしにとって、「こんな有り難いことはない」っていうくらい素晴らしいことで、
そして、誰かが愛してくれることももちろん同じように思ってるんだけど、
どうしてか、、、 今のわたしはどこかへ逃げ出したい、そんな気持ちも確かにあって・・・


今、欲しいものは、たったひとつ。

叶わないものだから、欲しい。

全てのことがわたしの思う通りになったとしても

それだけは絶対わたしを素通りしていく。


友達に言われた。

「そんなの・・・・ しんどくないん・・・?」 


しんどいんかなぁ わたし。

もう麻痺しちゃってて なんも わかんないや...

だって、実際に いざ自分のものになったら きっと戸惑って逃げ出す、、、と思う。

あぁ弱い、弱い弱い 弱いわたし。


でも、これがわたしだから。

嫌いじゃないよ。

わたしはこんなわたしとずっとずっと付き合っていくよ。

最後まで信じられるのは、このわたし だけだから。
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2006-07-02 11:27 | あれこれ雑記