憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

風と砂と

砂丘に行きたかった理由は、そこで見たいものがあったから。

思いがけず 海に出逢ってしまって

そっちに心奪われてしまっていたけど

ずっと、先に見たいと思っていたものがあった。


それは 風紋。

どこにでもあるものかと思っていたが、そうではないことを知った。

ちょっと探してみて、そして、見つけた。

e0051194_15255167.jpg


初めて見た風紋は少しの範囲しかその姿を見せてはくれなかったけれど

この日わたしが見た風紋は この日だけの風紋で

それは この日の風と砂とが出逢ってできたものであって

この日このときだから見れたもの。

とどまらない。

毎日違う。

変わっていく。

風そのものも 砂そのものも

わたしにとって近い存在である空も雲も

毎日違う。

だから わたしも違っていいんだ。

人と 違って それでいいんだ。


何に恐れていたのか

何で不安を抱いていたのか

何がわたしをとどまらせていたのか


『変わっていく』 そのヨロコビを忘れてしまっていた。


ひとつずつ知っていくこと
ひとつずつ分かっていくこと
ひとつずつ自分のものにしていくこと

『変わっていく』
『変わっていける』
『変わり続ける』


わたしにとっては とても とても大事なことだった。
今、思い出した。
あなたのお陰です。

どうもありがとう。


e0051194_15262110.jpg

e0051194_15284113.jpg

e0051194_15281039.jpg

[PR]
by w-rainbow-rieko | 2006-07-25 15:15 | あれこれ雑記