憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「髪の長い子が好き」

このクソ暑いのに(ご飯中の方、失礼!)わたしの髪は伸び放題。

クセ毛だから乾いてるときはクリンってちょい巻髪風になって上に上がるから
そこまで長くは感じてないけど、髪洗った後、濡れてる状態で鏡に映った自分を見ると
「うわ!ながっ!」って思う。胸の下まである。

もっともっと長い女の子、いっぱいいるけど、わたしがここまで伸ばすのは
本当に珍しくて、幼稚園生以来のこと。

高校の友達や大学のサークル仲間はちょっとビックリしてる。
とにかくほとんどいっつもショートだったから。
理由は簡単。 楽だから。 ただ、それだけ。

立ち居振る舞いが女の子っぽくなかったから、それで髪を伸ばすと、『男女』みたいで
明らかに変だと、自分で勝手に思ってたっていうのもあるかもしれないけど。

そう、真剣に『男に生まれたかった』って思ってたから。ずっと。






でも、23歳頃から変わってきたんだよね。
理由は敢えて言わないけど。
『女の子で良かった』って思える瞬間が増えたことは良かったと思う。
女として生まれた以上、次、生まれ変わらない限り、男にはなれないんだから、
そういう風に思えるきっかけを与えてもらったことに、心から感謝してる。


あ、話が沿れた。

髪はいつ頃からかなぁ。去年の今頃かなぁ。
伸ばし始めた。「そろそろ伸ばそう」って思った。
その、「そろそろ」は今となってはとてもじゃないけど恥ずかしくて言えない。
うん。絶対、言えないな。

その「そろそろ」が無駄に終わってしまったことが分かったとき、
すぐ切ってしまっても別に良かった。
だけど、未だに伸ばし続けてる。
それは、何で?

って、誰に聞かなくても自分が一番よく分かってるやん。

伸ばし始めた頃の理由とは違う理由で今もまだ伸ばし続けてる。

単純すぎる自分が時々嫌になる。
そんな女じゃなかったはずなのに。
誰に何て言われても自分は自分で、「自分のしたいようにする」、
そういうポリシーのモト、生きてたはずだったのに。

だから時々分からなくなる。
わたしの髪は何でこんなに長いんだ?
何で伸ばしてるんだ?

って、『疑問』というより、もうむしろ、『腹が立つ』ときがある。


それをしたからって、どうなるわけでもないのに
こんなことにすがって、従順な女を演じて、ちょっとでも好かれようというのが見え見え。
超かっちょ悪い。


でも、切れない・・・
切りたいのに、切れない・・・
髪を切ったら、全てが切れてしまうような気がして   切れない・・・


ホント バカだ。完璧にやられてる。


あと4ヶ月で終わってしまう今年の目標を今更だけど、掲げます。

「髪の短い子が好き」っていう人を早く見つける!!
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2006-08-03 23:20 | あれこれ雑記