憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

雲のリフト


今日は雲をもくもくつくってきました。

自分の好きなようにやっちゃうっていうのはなんであんなに楽しいんだろう。

傍に誰かいたら思わずこう言っちゃいそうです。


「今 わたし めっちゃ楽しい!!」


って。

なんかちっちゃいこみたいでこんなの恥ずかしいですけど

でもね、

心と体と精神がひとつになってみんな仲良く一緒に楽しんでるっていうのが

自分の中で手にとるように分かるんです、こういうときって。


「楽しいよーーー!」

「うん、楽しいねーーー♪」


ってひとり二役完全に完璧にこなせてしまってます。

(あ、二重人格者みたいでヤバイかしら・・・?)









『陶芸だけど陶芸ぢゃない』 ベンベン!

みたいなことをしたいのです。

制限・制約なんて何も無い世界なわけだし、人が「えーーーーー!!!」って思うようなこと

かる~~くやっちゃってみたいのです。


アートの世界、ジャンルいーっぱいあるのに

その中でどうして陶芸を選んだのか、

未だにわたし、自分で分かってません。

だから『イワユル陶芸』、『イカニモ陶芸』ってやつに全く固執してない。

だって、そんなところさえ何も分かってないんだもん。

したがって、こだわる理由がない。

ゆえに、変なことも有り得ないことも、やっちゃったらいっか~~~って。


工房でもよく言われるけど

「これ、何・・・?」って。

「これ、どうやって使うの・・・?」って。

やっぱよく分からんもんをつくってるんかなぁとか思うけど

それひとつで何かっていうものをつくってるつもりはなくて

トータルで見て、ひとつのもの、みたいな

そういう世界をつくりたいというか、一応想像してるわけで

だから「そのもの」ひとつひとつだけを見ても

一体何なのか分からなくて、それが普通なのかも。それで、いいのかも。


あ、話が沿れちった。

で、雲をもくもくしてたら黄緑色の風が吹いたんだ。

最初はナゼかオレンジって思ってたんだけど

やっぱ、この色なんだなあ わたしは。

オレンジはもう少し先で登場していただくことにしました。

しばしの冬眠生活に。おやすみなさい☆


ほいで~

思ったんやけど~

前はさぁ、翼があってそれで空を飛んでって空想してたけど

今日は違った。

雲がリフトみたいになってて、もちろんあのスキーのリフトみたいに上で固定なんかされてなくて

それぞれが独立してるのね。

その状態でブランコ漕ぐみたいに自分でゆらゆらして好きなトコへ飛んで行くねん。

すっごい すっごい マジで楽しそう。

ってか、楽しいに決まってるわ、それ。確実。絶対。決定。やりたい!


実際にものつくってるときも楽しいけど

こういう他人からしたら大変おバカな空想してるの、ホンマ楽しい☆


さぁ 今夜の夢で乗れるかなぁ...  乗れたらいいなぁ...  『雲のリフト』
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2006-10-06 23:30 | 陶芸