憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

☆ 陶芸 絵付け体験 in R・P ☆

昨日から始まっている『土展』、わたしの展示風景を写真に収めて参りましたので
ご紹介させていただきたいと思いまーす。

今回はR・Pの入り口入って真正面の角っこのスペースをお借りしております。
ここです、ここ↓
e0051194_22392541.jpg


ここで何をしてるかというと。 まずはこれをご覧下さい☆ 
(思ったより字がちっちゃい!すみません。。見えますか・・・???)
e0051194_2248148.jpg

e0051194_22345011.jpg

e0051194_22423181.jpg







①まず、この色見本を見ていただいて、どの土の器にするか選んでいただきます。
写真では分かりにくいですが、焼き上がりのそれぞれの特徴は以下のようになっています☆

左:白 特濃土(しろ とくこしつち)=真っ白・きめ細かい
中:白 御影土(しろ みかげつち)=真っ白・小さい石入り
右:白 信楽土(しろ しがらきつち)=ベージュ・少し荒い

e0051194_2239228.jpg


どの土にしようか迷われる方は器の形から選んでいただいてもいいかもしれませんね☆
一応、色々な形・大きさのものをご用意しておりま~す♪
e0051194_22334073.jpg


②器が決まったら、早速絵付けしていきましょう!
 右が呉須(ゴス)、左が弁柄(ベンガラ)、という陶芸用の顔料です。
 上の色見本では上に並んでるのが呉須、下が弁柄です。焼くとちょっと色が変わります☆
e0051194_22363067.jpg
 イスもありますので座っていただいて、ゆっくりのんびり描いていって下さいね~~~
e0051194_22361112.jpg
 そうそう、こんな感じで♪ なかなかいいよ~~♪ (モデル:わたしの高校時代の友人)
e0051194_22352013.jpg


③描き終わったら、この木箱の左側にある作品カードに必要事項をご記入いただき、
 右側に入っている説明書をお持ち帰り下さい。そして後は焼き上がりを待つばかり~♪
e0051194_22341547.jpg



と、まぁ こんな感じで、今週R・Pに来ていただくと
こんな風に素焼きの器に絵付け体験ができちゃうというわけです(^ー^)/ 

実際に体験してくれた友人も最初は「何描こう~~~?!」って緊張&悩んでたようですが
一筆目を乗せた瞬間からとても真剣な眼差しに変わり、それはそれは一生懸命!
夢中になって描いていました(^^)b
出来上がりを見せてもらうと、呉須と弁柄、両方の顔料を交互に使っていて、
丸いお皿の形を生かした模様が丁寧に細かく描かれていました。
これは焼き上がりが楽しみです♪

終わってからの感想を聞いてみると、
「紙に描くのと全然違う!難しい!!でも楽しい!!!」
ということでした☆


立体に絵を描くということ、
ざらざらしたものに絵を描くということ、
吸収性の高いものに絵を描くということ、
陶器に絵を描くということ、

これってホントに。
体験してみなきゃその難しさ・面白さ・奥の深さ、分からないと思います。
素焼きに絵付けしたものと釉薬をかけて本焼きしたもの、また違う雰囲気になるし、
土の色、顔料の色が微妙に違うもの、大きく違うもの、色々あるし、
重さも変わります。
今回の『絵付け体験』は、陶芸の制作工程のひとつにしか過ぎませんが
世界にひとつだけのオリジナル作品をつくることで、
『陶芸』の面白さなどを体感していただき、
これからますます興味を持っていただけると嬉しいなと思います。


『土展』は大阪にありますギャラリーR・Pにて、今週土曜日、17:00まで開催しております。
他にも、面白い作品、かわいい作品、色々展示&販売していますので
お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さいね!


(※ わたしは木曜日夕方~と土曜日昼~、在廊の予定です☆)

 
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2007-02-06 22:30 | 陶芸