憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

月とキリン。


この1週間、ちょっと ちょっとだけ 不安だったことがあって
だけどそれは わたしの取り越し苦労だったことが分かった。


怖かったけど、ちゃんと聞いて良かった。
何も隠さず、それはいつものことだから分かってたけど、
でも、思ってることをそのまま伝えてくれて良かった。嬉しかった。
また一歩近づけたような、そんな空気がふんわりとわたしを包んだ。


今年最初の大きな行動、ひとつの勇気。
あれは神様からのプレゼントなんかじゃなかった。
わたし自身自らの意思で動いたことが、こうして今に至り、そして、続いている。
「こうしたい」「ああなりたい」の想いを持つことはやっぱり大事。
全てのことは、そこから始まる。


最近よく思う。
真っ暗になった帰り道。
自転車を押しながら上る長い坂道。

家に帰るっていうことは、月に近づくってことなんだなって。

細い細い上弦の三日月が「ほら、もう少しだよ」といつも微笑んでくれるから
カサカサでシワシワになったわたしの心、
家に帰りつくまでに少しずつ ほぐれてやわらかくなって 
キレイなものを沁み込ませることができる状態に戻してくれる。

それもきっとね
キミに会えたお陰。




それからもうひとつ。

一体いつになったら時間取ってくれるのかと
あの一言は嘘だったのかと
もうわたしのことなんてどうでもいいのかと
こんなこと思ってしまう自分がとても嫌だったけど
でも、そんなこんなが続くとそう思わざるを得なくて
キリンと首の長さを比べられるくらい待って待ってひたすら待って、
誰にも言えないまま、
悔しさににも似た寂しさを抱いていた。


何かのついでのような連絡だったけど
勢いで言ってみた、みたいな文面だったけど
それでも
なんでも
これでも

わたしが嬉しいなら それで いい。




備考:月とキリンは同じ色をしてるけど、別の世界に生きてます。
    わたしはどちらにも行き来できてとてもお得なイキモノ☆
    誰になんて言われたっていい。
    だってこれはわたしにとって、たったひとつのピンクなんだから。
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2007-02-25 17:52 | あれこれ雑記