憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『アタイだけのエコバック展』 in R・P  (追加しました!!)


こんばんは&おはようございまーす。

内容、追加しましたのでもし良かったらご覧下さい☆


ちょっともうどうにも時間が取れず、展覧会始まって今日で、、、 え? もう4日目ですかい?
もうそろそろ流石にちょろちょろでもUPしないとあかんやろ~~~と自分自身で思うので
ごめんなさい とりあえず写真だけ載せておきます(^+^;)

内容とかはまた後日、改めて書き足して行こうと思いまーーーす。
どうか気長にお待ち下さいませませ♪ ←9/13(木)の内容です


e0051194_9255444.jpg


全体的にはこんな感じでした (あぁもう過去形ですよ...だって明日はもう搬出~)
e0051194_22284022.jpg








これはミニミニバックです。何の役にも立ちませんが、こういうのが実は大好きだったりします。
大きさはブログトップ画面の右上、小窓の写真をご参考下さいませ。
e0051194_92682.jpg

ちまちまと指先だけでつくるって楽しいです。自分の指の短さ、手の小ささに感謝する瞬間☆ははは
そして。これら↑↓はもう捨てても構わない状態の土でつくってるので、
そういう意味でホントに『エコ』なんです。 ↓はちょっと使えるかな??

e0051194_926287.jpg


これは一枚だけつくったお皿。の絵柄です。
ちょっと見にくいですが、わざとうっすら描いたのでご了承下さいねー
e0051194_927588.jpg

バックに色んな種を入れて、それが自然に落ちて、いつか知らないところでひっそり芽を出して
それを誰かが見つけて大事に育ててくれたら嬉しいな  というイメージで描きました。
(ミスチルの唄にそんな歌詞があったような。 『口笛』だったかな...)


これは自分だったらこんなバックが欲しいな~と思って描いたものです。
e0051194_92720100.jpg

籐のカゴバックで鳥さんの形、腕にかけて(肩ではなく、ね)丁度いい大きさのものがいいなぁ
なんて、つくったのはまだ暑い夏だったのでそう思ってたんですけど
もうこの時期からだとフェルトとか、毛糸とかあったか素材のものがいいですね☆
でも底がしっかりしてるものがいい!! 荷物多い派のわたしとしてはそこ大事なポイントなんです!


これはお茶碗?小鉢? のうちのひとつに描いた絵です。こちらも敢えてうっすら、です。
e0051194_928737.jpg



こちらは今回の展覧会のテーマを聞いて、イチバン最初にパッと思い浮かんだデザインと形。
e0051194_9275219.jpg

全体像、結構思ってた通りに出来上がってくれたので、なかなか満足でした。
通す紐を何色にするかめーーっちゃ悩んで悩んで、決めた色がコレだったので
(それこそ手芸屋さんのリボン&紐コーナーでしゃがみこんで思案しました!)
家に帰って実際に通してみてイメージ通りの色合いにおさまってくれてホッとしました=3

※搬入時に、知り合いの作家さんがすぐお買い上げ下さって とても嬉しかったです!

大きさはこんな感じです♪
e0051194_9303454.jpg



この子たちはバックとはあまり関係がないんですが・・・
ぶっちゃけますと、今回の作品たちと色合いが揃ってたので参加させた、というだけです。(苦笑)
e0051194_9264318.jpg

全体的にこれくらいの大きさ。おちょこサイズですね。 これらも手でこちょこちょとつくりました☆
e0051194_9362287.jpg




そして ↑のコーナーのお隣。 ほんの少し違った雰囲気の作品たち、かな?
e0051194_9284980.jpg


このふたつはマグ。 キリンと像さん。それぞれカバンを持ってます。
e0051194_9282545.jpg

出来上がって持って帰っておかんに見せたら

なんでキリンと像なん? しかも、マグに? おかしくない??
それに動物ってこんな風に歩かないでしょ?
足の動かし方がおかしい。違和感あるわ。
もっと実際のものを見てスケッチしてからじゃないとあかんと思うでーーー


とダメ出しのオンパレードを食らいました。。。 まるで誰かさんに言われたような気分(T__T)
まぁごもっともな意見ですが・・・ 身内だからこそ言ってくれる厳しいおことば・・・
なのでここはぐっと我慢してシカと受け止めました。。。  でもなんか凹むよなぁ~(悔涙)

ちなみに大きさはこんくらい。  (自分の中ではかわいいと思ってんけどなぁ... ぶつぶつ...)
e0051194_2334983.jpg



はい、では気を取り直して次へ行きましょう!!

このシリーズは結構人気があったみたいで嬉しかったんですけど、でも、実はちょっと意外でした。
e0051194_9292939.jpg

e0051194_9294577.jpg

e0051194_9301132.jpg

ものをつくってて、こういうのって結構あることですが。
自分が良いと思うものと他の人が良いと思うものって微妙に違うんだなって。
だからこそ面白いし、毎回勉強になるんですけどね☆

上のふたつはリボンの長さをお好みで調節できるようにわざと長めにしています。
このリボンはしっかりした素材でできていて、色合い、デザインともにわたしの好きなタイプです。

今回、いくつかの作品に紐やリボンといったものを組み合わせてみたんですけど
楽しかった。
前から陶と異素材の組み合わせってやってみたかったのでとてもいいきっかけになりました。
カタチをつくる前から全体像をイメージして、あと、色も大体決めて、どんな素材と組み合わせるかも考えて
そこからつくり出すのはホントに楽しい
わたしの頭の中で繰り広げられる想像だけの世界がどんどん現実へと近づいていくその過程を
自らが創りあげ、演出していけるっていうのはホントに最高に楽しい

これをきっかけに、もっと色んなものと組み合わせて、
今までしてこなかったようなことをしていきたいと思う。
小品だけじゃなく、おっきいものにも挑戦したいし
器だけじゃなく、広い意味での『アート』的なものもつくってみたい。

まだまだ膨らむね。夢や想像の世界はまだまだ広がっていくね。 楽しい楽しい楽しいな。



そして、最後になりましたが。
今回の展覧会、タイトルが 『アタイだけのエコバック展』 でした。

陶でバックをつくるっていうのはすぐにピンと来たんですけど
それだけじゃ面白くないなぁと思って。

エコなぁ エコかぁ  エコエコエコエコエコエコ・・・・ って念じて(?)たら

「あ、わたしの名前ってエコ入ってるやん。」

って  思い出したんです。  (思い出した?!)
まぁね~ こんなのってめっちゃしよーもないシャレ以外の何者でもないですが(笑)


でもね。
陶器でエコバックって実際エコにはならんやーんって思ったから
だったらもう全然違う風に捉えて、シャレが含まれてててもいいじゃん!って開き直ることにしたんです。

リエコのバックでエコバック  それでいいやん 突っ走ろうって決めたんです。

それから リ と エコ をちょっと切り離して考えて
よくメールの返信とかで『Re:』ってあるなぁ って
あ、ReってリサイクルのReでもあるなー(これならエコに繋がるなー)
他にReってどんな英単語あるかなーって
辞書を引きました。

そしたら、結構いい単語、気持ちいい単語があることが分かって

「Reっていいやん」   って思ったんです。

ここにことばで書くとホント難しくて皆さんにうまく伝えられないんですけど
わたしが 『 Re:eco bag 』 って表現したことには
実は結構深い意味と想いが込められているんです。

今の自分が思い描いてること、やってること、密かな願いなんかが
この 『 Re 』 にはあるんだなって。

そしてその 『 Re 』 ってオトが自分の名前に含まれていること。
これもきっと何かの縁だと、わけもなく思ったんです。

うーーん。
もっとちゃんと説明できたら・・・って、自分自身ちょっともどかしいんですけど
でも、そういうわたしの胸の内、これからの作品とか言動とか、そういうものでしっかり表現して
そしていつか大きな目で見てご理解いただけたらな、と思います。

これからも、がんばります。どうぞ見守ってて下さいね☆

e0051194_9291086.jpg



★ごうこママへ★
いつもそうですが、今回は特に思いました。
参加して良かったって。
頭でちゃんと考えたことを自分なりの方法でカタチにできたかな、と思います。
ヒトがどう思ったかっていうのはちょっと置いといて、自分が思うこと、思う通りにして、
良かったです。それが例え自己満足だったとしても 他人が、じゃなく、自分が、 どうか、 ってこと。
なんか初めての感覚かもしれません。そしてまた少し違った自分を発見できたような気がします。

これからもっともっと色んな経験していきたいです。
もっともっと色んな人と出会ってもっともっと色んな世界知りたいです。

物欲はあまりないわたしですが、年々、否、日々こういう想いだけは増えていってるように感じます。
なんか嬉しいかも。

1週間、どうもありがとうございました。 楽しかったです☆またよろしくお願いしますね(^^)
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2007-09-13 06:52 | 陶芸