憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

人生において。                          



知らない方が明らかに幸せなこと って 世の中にいっぱいあると思う。

それでも人は多分、知りたいという願望や欲 というものが
限りなく湧いてくるのだろう。

それが自分にとって興味のあることや気になること、悩んでることだったら
もうきっと止められない。

文頭で書いたことが頭では分かっていても、その話を聞けるタイミングが訪れたら、
耳だけに精神集中するくらいしっかり聞き入ってしまう。
「聞きたくない」「知りたくない」と耳を塞いだり、他の話題に変えたり、
ということは、恐らくほとんどの人がしない気がする。

そのとき聞かなかったら聞かなかったで、結局余計に気になってイライラするだろうし。


何でだろうね。
哀しい人間の性なのかな。。。

わたしは典型的なこのタイプ。
んで、聞いた後でずどーんって落ち込む。

そのときは「聞かなきゃ良かった、知らなきゃ良かった」って思う。

けど、一旦耳に入ってしまったものはすぐさま記憶の箱の中にスポーンと入り、
もう取り出すことはできい。
聞く&知る行為を選んだのは、少なからず自分の最終的選択で
そこを選んでいるのはやはり自分自身なのだからいつまでもあがいてもいられない。
そのことも重々承知だから、後の打つ手としては
『開き直り』に始まり、『受け入れ態勢の準備』と『前向き思考』以外 皆無だと思っている。


今のわたしは↑この状態に進んだ。一歩前進である。
頑張った頑張った。偉い偉い。
でも、そこに行くまでの間にはよく言われるベタな言い方で言えばこうだ。
この状態が延々続いているのだ。

「心臓をえぐられるような気持ち」 

おぉ何てピッタリなんだろー
ホントにあるんだねーこういう心理状態って。
思い出さなきゃいいのに、何回も何回も反芻しては
その度に体の中のものが全て逆回転して
いろんなところから出てきそうなくらい気持ち悪くなって
そこをぐっと堪えてまた噛み砕いて飲み込む。
あれ、これって結局はドロドロのまんまじゃ… (苦笑)


おっと 何となく話がそれてしまった。
元に戻して、っと。


だけどわたしには、こんな考えもある。持ち合わせてる。

知らないまんまじゃ抜け出せないこと、出発できないこともある ってこと。

「~ないなら、~ない」 この否定の「ない」がふたつ入る言い方は
わたしは好きじゃないので言い換えると

新しいこと(事実)を知った(知れた)ことで、次の何かが始まる ってこと。

ひとつ知ることができたら、そのときはマイナスに感じてても
いつか絶対プラスに変わっていく。
自分が選択したことだもん。そう信じたい。
自分に必要なことだから自分の中に入ってきた。そう信じたい。
変わるきっかけとタイミングを神様が用意してくれた。そう信じたい。

そしてそれは 「そこに居続けるのではなく、違う場所へ行きなさい」 っていうメッセージ。



わたしだけが特別じゃなかった。
それはとても哀しいけれど。
でも、嘘を付かれていたというわけではないと
それは今でも思う。
それくらいは、わたしでも分かる。

「そのときは、そうだった。」

「あのときは、そうだった。」

ただそれだけ。

たとえその一瞬一瞬であったとしても、
あなたの“そこ”に わたしを置いてくれていたのなら
とても光栄です。
あなたの選択肢の内の“ひとつ”に わたしが入っていたのなら
とても幸せです。

わたしにとっては これからもずっと特別な存在。それは変わらないよ。
だって いないもん、あなたみたいな人。もうホント笑っちゃうくらいに ね。


なんかなんとなく 今まで頭になかった違うタイプの目指すべき大人の女性像が 
垣間見れたような今日この頃です。
機会があれば、お会いしてお話してみたいな...

その人のことを 
人として、同じ女性として、愛することができたら
わたし きっと最高の女になれる気がします。
(自分で言っててちょっと恥ずかしいけど 笑)


「オトナはきたない」「オトナはずるい」「オトナになんてなりたくない」なんて
のたまってても来年はいよいよ次のステージに突入です。
いつまでも『ピーターパン症候群』でいるわけにもいきません。

ステキな30代 オトナな女性に、なりたいと思います。


(あーーーー 書いたらスッキリしたわーー!!)
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2007-11-22 07:06 | あれこれ雑記