憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近のわたし



寂しくなったら、上を見てる。

寒さのせいにして小さく丸まった背中、それをわざとピンッと張って

無理矢理にでも自分自身で「しゃん!」としようと、胸張って、上を見る。

空を見て、ちょっと微笑む。 口角を上げる。

「よし!」って思う。

「大丈夫」って何度も唱える。


冬の空は嫌いじゃない。

緊張感を持った空気が「気をつけ!」の体勢でそこにいるようで

わたしもつられてピシッとさせられるから。


そして、ある人を想う。

きっとがんばってるだろう姿を想像する。

楽しんでるであろう様子を思い描く。

絶対に手の届かない人だけど、でも、それでも、その人のことを想う。

それだけで気持ちがほぐれるから。

わたしもがんばろうって思えるから。




夜は夜で、また空を見上げる。

真っ暗な闇夜に輝く月を そこに見つけられたら 

今度は別の あの子を想う。

寂しくならないように、しばらく見つめる。

そして、その子もまた、同じようにがんばってるだろう姿を想像する。

楽しんで好きなことをしているであろう様子を思い描く。

遠くに住んでてなかなか会えないけれど、だからこそ、その子のことを想う。

いつも幸せであれ と願う。

その願いを持ち続けることでわたしも幸せになれるから。

そういうのって、ステキなことだなって思うから。



だから、たとえ色々あったとしても、疲れても、凹んでも、傷ついても、

結局わたしはいつも幸せでいられる。

それが自分の根幹にあって、揺らがない軸になって、


あぁ ホントに いつの間に


こんな自分に、なれていたのかな。



これもそれもどれも、ぜーんぶ ふたりのお陰です。

いつも どうも ありがとう☆
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2007-12-16 21:21 | あれこれ雑記