憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

MONO工房展  ~ 陶芸チームの作品① ~   


ホントに超超超お待たせ致しました!!!

やっとこさ、『MONO工房@ギャラリーそら』での展覧会、最後の作品たちをご紹介できそうです(^^;)


それではまずはギャラリーの入口を入ってすぐ、
右側のガラステーブルの上に展示していた作品たちをご紹介していきたいと思います☆
e0051194_114808.jpg
いいお天気だったこの日は、大きなガラス窓から気持ちいい陽射しが差し込んでキラキラしてました。

で、これらは ↓ 搬入の日(もう夜ですね・・・)に撮影したものなので、ちょっと暗いです。ごめんなさい!
e0051194_11415410.jpg
左の水色の器たちと右の白いマグ3つがわたしの作品☆他の6点は濱本由希子さんの作品です(^^)

彼女の作品は本当に丁寧で、そしてメッチャ細かい!!真っ白の壷?以外は『掻き落とし』という技法で
制作されてます。黒く見えている部分を残すためにその周りを全部削り取っているんですね~
e0051194_11442131.jpg
なので少し凹凸もあります。柄は色々ですがひとつひとつストーリーがあるようなそんな感じに見えました。
高台の裏にキレイ色の釉薬を掛けるという技は今度わたしもやってみよ~う♪と思いますー(^3^)

で、この白いマグ3つですが、これは本体自体はわたしがつくりました。真っ白のマグ☆取っ手は水色です
e0051194_1146452.jpg
それでね、レンコンの絵が描かれてるのがお分かりかと思いますが、これは今回の展覧会で初めて
ご一緒したMarie Lee(マリー・リー)さんに描いてもらいました!(日本人ですよん♪)
そう、これはわたしにとっては初の試み!コラボをしたのですーーー!! 

何かこれを見たとき、とっても不思議な感覚でした。
それまでは何の変哲もないフツーのマグだったのに、マリーさんのレンコンが加わったことで
一気にオシャレでかわいらしいマグになって再登場したって感じで☆
わたしの作品でもあるのに、もう全く別人に生まれ変わって手元に戻ってきたかのような、ね。
だって思わず自分で購入してしまいそうでしたもん(笑)
(ちなみにこちらのマグ3点はそれぞれ3000円也。大きさは結構たっぷり入る大きめサイズ☆)

そして、マリーさんとのコラボ作品はこのほかにもまだまだありますのでお楽しみに~~♪


で、↑の作品たちの横に展示させてもらったわたしの器たちがこちら ↓ 
e0051194_11443881.jpg
実は大分前につくったものたちも一緒に展示させてもらったんですが違和感がナイことにびっくり。
やっぱり自分の中の 『 好きなもの 』 とか作品の 『 傾向 』 、みたいなものがずっと同じなんでしょうねぇ
なんか他人ごとのように言ってますが・・・ 
でも、普段つくってるときにはホンマに自分では気付かないもんなんですよね、こういうことって(^@^;) 
e0051194_11464462.jpg



あ、そうそう。先にこれを説明させていただかないといけなかったんだった!

今回参加させていただいたこの『MONO工房展』というのは、ギャラリーそらさんオリジナル商品の販売、
ということでありまして、そらさんでしか買えない全て一点モノ、となっています。
似てるものはつくれるけれど、どれもこれも手づくりなので、全く同じものというのは生み出せません。
だから、売れてしまったらその時点でSOLD OUTということになります。

そして、この『MONO工房』を運営していく上でのコンセプトというのが、
ギャラリーそらでしか扱わない、買えない作品をつくろうということが挙げられます。
逆に言うと、今回ここで紹介してきました作品たちは他では販売できないということですね。

作家側としてはこれに関した作品たちは、他の場所で展示も販売もできないということになるので
大分規制がかかっているように見えてしまうかもしれませんが、
そらさんに委託する作品のテーマや種類などは作家それぞれが自由に決めていいということなので、
今回の発起人且つ初期メンバー8人はそれほど縛られることもなく
本当に自由に、つくりたいものをつくり、そして持ち寄ったという感じになりました。

だからとても気持ちいい空間に仕上がったんだろうなぁと思います(^^)


で、わたし自身、「何をつくろうかな?」と思ったとき、今回もやっぱり単純でベタなんですけど、、

折角『そら』さんなんだから、
『そら』に関係するものをつくろう = 作品のテーマ =  空  
になったというわけです。
(「そのままやん!!」という突っ込みはお受けできませんので悪しからず。)

e0051194_13234694.jpg

このコーナーに置いているものは全部 空の水色、雲の白、というように色でまとめた作品たちに
なっていますが、これは展示上、「たまたま」でして(笑) 
そこに限定して制作したのではなく、『空に関するもの全般』で考えてつくりました。
なので、また後ほどご紹介させていただく器たちは違う色のものや全然違うデザインのものなどが
お目見えすると思います☆  ← なるべく早く更新しようと思います!


この展覧会期間中は、ギャラリーでの即時即売だったので、足を運んでいただいたら
その場でお買い上げ&お持ち帰りが可能でしたが、今後はまず、そらさんを通してご購入いただく
という形になります。来月中旬を目処に、多分そのシステムが出来上がると思うので
この販売&購入方法につきましては、また日を改めてお知らせさせていただきたいと思います。


~ 続く ~
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2008-04-18 12:05 | 陶芸