憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:心に響いたこと( 160 )



誰のことばなのかも もう思い出せないけど

救われました。

ありがとう。

6年前のわたし。


----------------------------------------------------------------------------


この世に変わらないものはない。
もしも、変わらないものがあるとすれば、
それは、心のどこかであきらめているか
今、やることやっていないかである。

人も同じ、必ず変わることを忘れないでいきましょう。
状況を変えれば、いろんなことが変わります。
そして、また、あぁなったら嬉しいなと喜びを想像し、
なにか1つ、この世に喜びを増やすと、
出逢いの質が変わります。
今までに逢えなかった人に逢えるようになったり
優しい人ばっかりと逢えるようになっていきます。

だから、今、どんなに苦しくても、この言葉は忘れないで下さい。

すべては変化する。
変化しようと、自分の背中をポンと押すと変化する。

世の中は、あなたが思っているより、悪いもんじゃないから。


----------------------------------------------------------------------------


『もっと遠くへ』 レミオロメン


もっと遠くへ行きたいと願った
たった一度生まれてきた奇跡は計り知れない
だから だからこそ怖いのかもしれない
レールに乗っかるのも無限に広がる自由も

まだ見ぬ未来 答え求めても
雲はちぎれて 風は星の上を吹き続ける

どこまで行ってもゴールはいつも
心の奥にあるものだから
どの十字路が繋ぐ未来へも
目の前の一瞬に全てを捧げて
駆け抜けるよ まだ明日は
どんな色にも染まってないさ
君に出会えて僕は弱さと
初めて向きあえた 迷いの向こうに
光を求めて

ありのまま生きようとして傷つくだけの日々
君も僕も誤魔化せない想いを胸に秘めている

夢に届かず 恋に破れて
涙の底の震える感情に気付いたよ

何度だってやり直せる
だけど今は二度と来ない
心の奥の手付かずの場所
踏み込めば痛くて涙も落ちるけど
進んで行くのさ 時代のせいや
誰かのせいにするくらいなら
もう一度夢を描けるはずさ
青空に奇麗な君の笑顔が
広がっていくように

日が昂(の)ぼり新しい世界が創(はじ)まる
表現し続けるんだ

ありのままを

諦めないで その心が
決めた道を走り抜けて
強い風が吹いた日こそ
誰よりも 速く 強く 美しく
駆け抜けてよ 夢の中を
光の方へ 闇を裂いて
きっと答えは一つじゃないさ
あらゆる全力を尽くして行くのさ
もっと遠くへ

君との出会いを抱きしめて行くのさ
もっと遠くへ
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2013-10-12 07:34 | 心に響いたこと


恐れを覚えた時はいつも
信じる心を強くだきしめるの
そしてもう一日生き延びて
苦しみを乗り越えるのよ
 

今日、この唄に、歌詞に、メロディに、出逢えて 良かった。


Mariah Carey - Through The Rain -

突然降り出した雨に
逃げる場所がない時も
心が不安にかき乱されて
孤独なまま苦しんでいる時も
そして遠く離れた場所で
帰路を見失って
しまったように感じた時も
大丈夫よ、ひとりで帰れるわ
ただこう言い聞かせればいいの

雨に負けたりはしないわ
もう一度
立ち上がることができるはず
自分ひとりだけで
わたしには傷を癒すだけの
力があると知っているから
恐れを覚えた時はいつも
信じる心を強くだきしめるの
そしてもう一日生き延びて
苦しみを乗り越えるのよ

幾度もつまづいたとしても
あきらめようだなんて思ってはだめよ
以前と同じ自分を取り戻せるわ
だから力強く歩き続けるのよ
そうすれば勝利するために
必要なものがみつかるはず
ただこう言い聞かせればいいの

雨に負けたりはしないわ
もう一度
立ち上がることができるはず
自分ひとりだけで
わたしには傷を癒すだけの
力があると知っているから
恐れを覚えた時はいつも
信じる心を強くだきしめるの
そしてもう一日生き延びて
苦しみを乗り越えるのよ

たとえ風が吹きすさび
影が迫りくる時も
こわがらないで
克服できないものなど
ないのだから
そしてたとえ
「決して耐えられやしない」と言う人がいても
ためらったりしないで
誇らしく胸を張って、こう言うのよ

雨に負けたりはしないわ
もう一度
立ち上がることができるはず
自分ひとりだけで
わたしには傷を癒すだけの
力があると知っているから
恐れを覚えた時はいつも
信じる心を強くだきしめるの
そしてもう一日生き延びて
苦しみを乗り越えるのよ

雨に負けたりはしないで
また立ち上がるわ
そしてもう一日生き延びて
苦しみを乗り越えてみせる

そうよ  できるわ

雨に負けたりはしない
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2013-10-09 22:16 | 心に響いたこと


ある方のブログで紹介されていた本『そのまんまのあなたが大切』。

そしてその方がピックアップされていたことばたち。

そこから更にわたしが拾い上げたもの。




心のあかるさと未来のあかるさは不思議なことに比例するんだよね。


あなたはあなた自身をおもいきり楽しむそれだけでいい。それだけがいい。


生まれてくること、生かされること、何かを愛すること。
死んでゆくこと。それでしかないんだ人生。
だからこそ大切にしたいね。生かされることそして愛すること。


手が届かない場所に居ても、心が届いていることの安心感。
疲れた心をいやしてくれるには、ちょうどよい風の声、雨の音。


きらいなもの、きらいなひと、きらいな何かがあるあなた
けっして自分を責めないでください。
それはそれで立派にあなたの美意識という価値判断なのですよ。


何を捨てたらいいか迷った時はそれ以外は、一番の残したいものをまず決めればいい。
本当は不必要なものなんですから。


信じて努力する。
そして行った努力を信ずる。
祈りとは、それを繰り返すことなんだよね。


世の中に流されているのではなく意志をもって流されてゆくんです。
時の流れに身をまかせているのではなく祈りをもって身を流れに乗せてゆくんです。


心の成長って体と違って大きくなる事なんかではなく、
深く、そしてより透明になることなんだよね。





『祈りとは、それを繰り返すこと』

うん

そっか

繰り返す

まだまだ

繰り返すよ

続けるよ


叶うと信じて

わたしの祈り

繰り返す


e0051194_8413493.jpg


[PR]
by w-rainbow-rieko | 2013-09-16 08:41 | 心に響いたこと



なんか、8/22~8/27、昨日まで、あまり、よくない感じだった、自分の中で。

何をそわそわしてるのか

あっち行ったりこっち行ったり

それがいいと思ったり

それでいいんだと思い込んだり

いや、やっぱりそんなのダメだと思い直したり

そんなことの繰り返し。


わたし以外の人にとっては分からないことであり

明らかにどうでもいいこと

でも

わたしにとっては

結構真面目に深刻に考えることであり


しんどいっていうか

モヤモヤモヤモヤ

な感じだった。



そんな6日間の中で

試しに大きな山、上ってみようかと上ったはいいけど

そこには想像していたものどころか何もなくて

なんだ、そっか、と、そのまますぐに下ってきたら

あぁわたしの居場所やわたしがわたしと思えるところは

やっぱりここなんだな、と、落ち着くことができて

後ろを振り返ったら

そこにそんな山なんかひとつもなくて

ただ自分が創り上げた幻、現実逃避の世界を浮遊していただけだということが

自分で自分が恥ずかしくなるくらい 分かった。



結局のところ

そういう紛い物の世界に行ってしまったのは

自分と誰かを比べてしまい

何でわたしはこうなんだろう…って

卑下したり劣等感を感じたり自己嫌悪になったり

そういう「自分は自分」と思えなくなってたことが原因だということも

分かった。



これまでもこんなこと、幾度となく繰り返してきて

頭では分かってるはずなのに

時間が経つとまた同じこと繰り返して

きっとまた これからも続けてやってしまうんだろうけど

でも、これが

『人は、向き合って強くなる。』

ということなんだろうな、と思う。


向き合うのは他者とのときもあるけど

でもやっぱり

いちばんは自分自身。


まだまだだな、わたし、と思うけど

でも

そう思えるからこそ

これからもがんばろう

って活力が湧いてくる。


完全に納得できちゃったら

面白くないもんね。



ちなみに、この『人は、向き合って強くなる。』は

昨日、行きの電車の中に見つけた車内吊り広告の中に書かれていたことばで

そのときは「ふーーん。。」って思っただけだったんだけど

仕事終わって帰ってるとき、また目にして

そのときは「うんうんうん」って思えたという訳でした。


そう思えたのも、朝と夜とで180度見方が変わったのも、昨日1日の仕事の中で

色んな人としゃべって笑って感じて考えた色んなことのおかげ。

皆さんのおかげ。

本当にわたしは果報者です。

ありがとうございます。


さてと、今日も仕事、楽しく顔晴ってきます!!
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2013-08-28 09:33 | 心に響いたこと


ふと目にしたある記事に書かれていたこと。


『30歳までに学んでおくべきこと10』


30歳なんてとうの昔に過ぎてしまったけど
そのときにはまるで分かってなかったけど
でも、全然遅いなんて思わない。

34歳の1年間で自ら知ることができたことばかりだから
それでいい。

なんか、そう考えたら
いい1年だったなぁ (だったのかなぁ)
と思えました、今。


無駄じゃない。
どれもこれも全部。

経験したこと
抱いた想い
流した涙
祈った願い

そして嬉しかったこと笑ったこと幸せだったこと

全部 大事
全部 大切


ありがとう。



以下、そのmixiのニュースをそのまま転載しました。
良かったらご覧下さーい。



■ 若い内に学ぶべき教訓10


1,お金が重要な問題を解決してくれることはない

お金というのは道具です。
必要なものと「欲しいもの」を買ってくれますが、
全ての問題を解決してくれるわけではありません。

少しのお金で幸せな生活を送っている人たちは多くいます。
悲しいことですが、たくさんのお金を持っていて惨めな生活を送っている人たちも
多くいます。

お金は素敵な家、かっこいい車、おしゃれな靴、
そして安心感や快適な生活までも買ってくれますが、
人間関係を修復したり、孤独をなくしてはくれません。

お金がもたらす「幸福」というのは、儚いもので重要なものではないのです。
幸福はお金では買えません。
お金で買った「もの」で人生が「よくなる」と思っていたら
一生幸せにはなれないと思ったほうがいいでしょう。


2,落ち着きを持つ

若いうちは、大人になる段階で一度に色々なことをしなければならないと思いがちです。
全てを1人で決定して、人生を設計して、なんでも経験して、上まで昇りつめて、
結婚相手を見つけて、生きる意味を考えて、その全てを一度にやろうとしてしまいます。

しかし、落ち着いてください。焦ることはよくないのです。
人生をありのままに生きるようにしましょう。

流れに身を任せ、時間をかけて選択肢について考えてみるとよいでしょう。
食べ物を一口ずつ味わい、落ち着いて周りを見て、相手の話を最後まで聞いてみましょう。

時間をかけて、ゆっくりと考えをまとめみるのもよいでしょう。
たしかに、実行することは重要です。
目標に向かって生きることも、将来の計画を立てるのも立派であるし
実用的と言えるでしょう。
しかし、全速力で全ての課題に取りかかると燃え尽きて人生を見失うことになってしまうのです。


3,全員を満足させることはできない

「成功の秘密は知らないが、失敗の秘密は全員を満足させようとすることだ。」

by ビル コスビー


全員があなたと同意する必要はないですし、あなたを好きである必要すらありません。
もちろん、居場所を求めたり、好かれたかったり、尊敬されたかったり、
評価されたかったりするのは人間の本能です。

しかし、誠実さや幸福を失ってはいけません。
他人では、あなたが求める自信を提供することはできません。
それは、自分の中から湧くものだからです。

胸を張り、信念を曲げず、必要に応じて自己を主張し、尊重を求め、
自分に嘘をつかないようにしましょう。


4,健康は最も重要な財産である

健康は価値のつけられない財産です。
常に感謝し、大切にし、維持するべきです。

若いうちは健康であることにありがたみを感じず、放っておいてしまいがちです。
健康であることが当たり前であると思ってしまうのですね。
暢気でいられなくなるまでは、心配する必要がないから気を配らずにいるのです。

心臓病、骨密度の低下、脳卒中、さまざまな癌など、気をつけていれば防げる病気は
たくさんあります。後で後悔したくなければ、今のうちに健康に気をつけるべきです。


5,いつも欲しいものが手に入るとは限らない

「忙しく計画を立ててるうちに起こるのが人生である。」

by ジョン レノン


どんなに慎重に計画を立てようが、どんなに仕事に力を入れようが、
うまい具合にいかない時はあります。でも、それはそれでいいのです。

みんな、期待に胸を膨らませるものですが、あらかじめ「理想」な人生が
どのようなものなのか想像してみるものの、現実は違う場合がほとんどです。

場合によっては夢が実現しないこともあるでしょうし、
途中で気が変わることもあるでしょう。
正しい道を見つけるために失敗する必要があったり、
色々なことを試してみないと道が見つからないこともあるのです。


6,みんなあなたのことを考えているわけではない

世界はあなたを中心に回っているのではありません。
我々は常に自分の周りに気を取られがちです。
世の中を客観的な視点から見ることは難しいのですね。

今日は何をするべきか?
これは私のキャリアや人生にとって何を意味するのだろう?
自分は何を求めているのだろう?などなど…。

自分自身の人生の出来事に敏感であるのは自然なことではあります。
しかし、身の回りで起こっていることや、ものごとが周りの人に
どのような影響を及ぼしているのかにも注意するべきです。
それは、客観的な視点を保つのに有効的なことなのです。


7,知らないことは恥ずかしいことではない

全てを知り尽くしている人はいません。
また、全ての答えを持っている人もいません。
「知りません」と言うことは恥ずかしいことではないのです。

自分が完璧であるかのように振る舞ったところで完璧にはなれません。
そんなことをしても、完璧を装うことに精一杯でノイローゼになってしまうでしょう。

我々は自らの限界や無知を認めることが恥辱であると思い込んでいます。
しかし、全てを知り尽くすことは、そもそも不可能なのです。
みんな、間違ったり過ちを犯したりするものなのです。
やってるうちに学ぶのが人生です。何より、知ったかぶりは嫌われがちです。
少し欠点があるのが人間であり、その方が親近感がありますよね。


8, 愛とは感情だけでなく選択である

あの最初のウキウキした気分や、高鳴る鼓動、情熱といったものは長続きはしません。
しかし、持続的な愛は不可能ではないのです。
愛は感情だけではなく、毎日の選択なのです。

いらただしさを忘れ、許す心を持ち、優しく接し、尊重し、支え、忠実であることを
選ばなければなりません。恋愛は単純なことではありません。
簡単である時もあれば、非常に難しい時もあります。

しかし、我々には恋愛においてどう行動するか、どう考えるか、
どう話すか選択することができるのです。


9,客観視できることは素晴らしい

心配してしまう時や、いら立ってしまう時は、ものごとを客観視することが
できなくなってしまっていることが多くあります。

しかし、人生で起こっている出来事は全て重要であったり一大事で
あるかのように見えますが、端から見たら大したことはありません。

たとえば、喧嘩をしてしまったことや、もらえなかった仕事のこと、
現実か妄想で受けた侮辱や、方針を変える必要性、
欲しかったのに手に入らなかったもの、などなど、
これらのほとんどのものは20、30、40年後にはどうでもよくなっているはずです。

たしかに、短期しか知らないのに長期を見ろと言われても難しいものです。
しかし、生死に関わることでなければ諦めて前を向いていた方がよほどいいでしょう。


10,何事も当たり前だとは思わない

大切なものは失うまでわからない。
これは、健康、家族や友達、仕事、お金やこれから手にするお金だったりします。

若いうちは、親という存在が永遠といる気がしますが、いずれ親はいなくなってしまいます。
旧友とはいつでもまた連絡が取れる、あるいは新しい友達とはいつでも時間を
共にすることができると思いがちですが、時間は過ぎていってしまいます。

今使えるお金がある、そうでなければ来月ならあるはず、と思ってしまいがちですが、
あるという保障はありません。

愛する人を含め、今人生であるものが明日もあるという保障もないわけです。

これは、学ぶことが難しい教訓ですが、最も重要かもしれないことです。
人生は急変することもある。
失ってしまう前に、自分がもっているものに感謝しましょう。


e0051194_1320754.jpg


e0051194_13202174.jpg


今日も1日みんなが平和で穏やか、そして、健やかに、過ごせますように...☆

(写真は昨日の夕方の空です。)
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2013-07-16 13:21 | 心に響いたこと


欲しいのは

ただ


それだけ






昨日観た 『ガリレオ~容疑者Xの献身~』

容疑者の献身、ってどういう意味なんだろと思ってたけど

最後まで観て、その意味がよーーく分かった。



殺人は もちろん ダメなこと。


だけど、愛して愛して止まない人のために

自分ができることがそれしかなかったら

その人がこの世界で幸せに暮らしていくためには

それしか方法がないんだとしたら



同じ道を辿ってしまうかもしれないなぁ



大きな声では言えないけど

そう思う自分がいた。


というか、分かるな、って。



だって

この映画を観た人は内容、分かると思うけど

堤さん演じる石神さんは人生に絶望して、自室で自殺しようとしていた。

ロープに首を引っ掛けたその瞬間に自宅を訪れた松雪さん演じる花岡さん母娘。

ふたりは隣に引っ越ししてきたその挨拶のために訪れただけだったけど

石神さんにとっては、自分を救ってくれた大切な人であることは

その後も決して揺らがない事実であり、これから生きていく上での最大の喜び。


死のうとしていた自分に向けてくれたふたりのあの笑顔に出逢うことで、

もう一度「生きよう」と思い直すことができた。



それって、“人生が変わる出逢い”


そういうのって きっと誰しもにあるんだろうな、と思う。

そしてそれは、その人にとっていちばんのベストタイミングで訪れるんだろうな。



なんか、観て良かったな、って思った。

1日経った今も、思ってる。

だから、こうして『書こう』と思った。



自分もそうだ、って思ったから。


あなたはわたしを助けてくれた人。


今まで生きてきて ただ 唯一、助けてくれた人。


だから、少なくともわたしにとっては


“人生が変わる出逢い”だった。



今も、これからも、信じてる。


ありがとう。


福山雅冶 『最愛』
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2013-07-09 09:04 | 心に響いたこと


今年の桜は

今年の桜は

わたしに何を思わせるのだろう



去年は初めて 「ここに居ていいんだ」って 思わせてくれた

それまではずっと 「早く行かなきゃ」 だった ずっと


何が早くなのか

どこに行かなきゃなのか

全然分かんないんだけど

毎年毎年、ずーーーっと そんな急かされるような ちょっと怖いような

そんなことを思ってた



それが去年は違った

きっとある人との出逢いがわたしを変えてくれたんだと思うけど

「ここに居ていいんだ」 って 思わせてくれた



今年は

どうかな、


今年は

どう 思うのかな



e0051194_18131871.jpg



『凪の日』

勝手に設定しました。

今日、3/5。


出逢ってしまったから。

『きいろいゾウ』の中で。



3月と7月は やっぱ なんかあるみたい。デス。
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2013-03-05 18:13 | 心に響いたこと

年明け早々から感情の起伏が激しいわたくしですが

まぁこれはいつものことなのであまり氣にしないで下さいね(笑)

わたしの人生常にジェットコースターなので。


2013年 初日記 part2 は少し明るい話題を。



今年からちょっと新しいことを始めたいなと思い、
午前中、母親と一緒に軽くジョギングしてきました

体力無いし、4日から仕事始るし、いつまで続くか分かりませんが、
でも、なかなか楽しかったであります。


で、ただ走るだけというのは面白くないので
『どこどこに何なにしに行く』という目的をまず立ててから走ることに。

初日の今日は『近くのスーパーを越えて、その先にある地元の神社に初詣に行く』

というのを目的目標に決めて走ってきました。

今日は風もそんなになく、あったかい方だったし、結構サクサク楽チンに走ることができました。
(と言っても距離はホントにしれてるんですけどね 笑)


実はわたし年末年始の休みは毎年何もせずどこにも行かず
ひたすらぐうたらするのみ、だったので
大きな声で言えませんが初詣というものも正月三が日で行ったこと
ほとんどありません。

親に誘われても「行かなーい」ばかり言ってました。

だから元旦の今日に神社に行くなんて本当に本当に久しぶりのこと。
多分ちっちゃい頃以来くらいのはず。


清々しいほどに晴れ渡り神聖な空氣に包まれた小さな小さな神社。
それはそれは氣持ち良かったです。
もう少し長くその場に居たいと思うくらいでした。
ホント行って良かった♪

e0051194_1458028.jpg


e0051194_14583123.jpg



5円玉 2枚 をお賽銭箱に入れて 願ってきました。

これからのふたりの未来が明るく健康で穏やかなものでありますように、と。


そして、年に一度だけひく、と決めてるおみくじを、ひきました。
この神社でおみくじをするのは初めてだったんですけど
今のわたしはちょっともう怖いものなんて無いかも?なんて思っちゃいました。


だって、『大吉』 だったんですもん♪


久しぶりの大吉。
ここ何年かはずっと吉や小吉ばかりで うーん、普通やなぁ って思ってました。

何事もなく普通で居られること それがいちばんいいのは 十分分かってるけど

でもこうして『大吉』という文字が目に飛び込んでくると やっぱり嬉しいものですよね。


その場で思わず大声で言ってしまいました(笑)
そして母親にも見せてふたりでひた喜び。
「やっぱり今年はあんたいい年になるねー!」って
なんかちょっと涙ぐみながら言う母に
何でかやっぱりわたしのこと分かってるなぁこの人は と 思い
また改めて感謝の氣持ちでいっぱいになりました。


その大吉のおみくじ そこにはこんなことが書いてありました。


第34番 御神籤

かき曇る
空さえ晴れて
さしのぼる
日がけ
のどけき
我こころかな


こころをすなおにし
身もちを正しくすれば
ますます運よろしく
何事もおもうままになるでしょう
欲をはなれて人のためにつくしなさい

大吉


【神の教】

過ぎたくり言(ごと)、とり越し苦労、神の授けの身をやぶる

とり返しのつかぬ過去の事を、くり返して思いなやんだり、
どうにもならぬ将来の事を案じ煩うのは唯心をいため身を害(そこ)なうだけで
何のやくにも立たぬ愚かな事である。
今日は唯今日の事を、面白く楽しく、神様を念じつつ正しい心でやって行く。
禍いも転じて幸いとなる。




うちの母もわたしのこと何でもお見通しだけど
神様も同じだね。

よーく分かって下さってる。

正にどんぴしゃだよ。

過去に囚われてどこにも行けなくなってしまう恐怖
自分が何なのか分からなくなってしまう恐怖

そういう悪しき呪縛からもう脱出しよう。

きっと出ていける 取り払えると 思う、今年は。

過去は過去 今と未来から切り離して行ったらいい。

もうひとりじゃないんだし きっと絶対 大丈夫


そして去年12/31に考えた今年の抱負もその通りでいいんだなと思えた。

人のためにつくす

人の役に立つことをする

うんうんうん の えいえいおー!


2013.1.1. 明るい未来に向かっての初めの一歩  rieko


母が活けたお正月のお花たち 玄関にて
e0051194_1501855.jpg


母がつくったお正月飾り  オサレ~~
e0051194_1503496.jpg

[PR]
by w-rainbow-rieko | 2013-01-01 15:00 | 心に響いたこと




それを見て、分かった。

今、自分が何を必要としているかが。

どうしたいと思っているか、が。




勇氣とは、恐怖心を抱いていないことではなく、
恐怖心を抱いていても行動する度胸があることだ。

アレクサンダー・ロックハート (作家)



自分が本当に好きなものを見つけてください。
見つかったら、その大切なもののために努力しなさい。
君たちは、努力したい何かを持っているはずだ。
きっとそれは、君たちの心のこもった立派な仕事になるでしょう。  

黒澤明 (映画監督)



運はわれわれから富を奪うことはできても、勇氣を奪うことはできない。

ルキウス・アンナエウス・セネカ (政治家、哲学者、詩人)



人間には不幸か、貧乏か、勇氣が必要だ。
でないと人間はすぐに思いあがる。

ツルゲーネフ (小説家)



これをやっていれば幸せということ、誰でもひとつあります。
それを探しなさい。
それを見つけて仕事にしたら、きっと幸せですよ。 

淀川長治 (雑誌編集者、映画解説者)



思うとおりに歩めばいいのよ

(ターシャ・テューダーの言葉)



あなたができること、あるいは夢見られることはなんでも始めよ。
毎日を生きよ。
あなたの人生が始まった時のように。 

ゲーテ (詩人、小説家、哲学者)



孤独は山になく、街にある。
一人の人間にあるのではなく、大勢の人間の間にある。 

三木清 (哲学者)






勇氣 行動 希望 夢 人生 生き方 ライフワーク

うん、やっぱり、それでいい

それが いい
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2012-12-19 10:53 | 心に響いたこと



「人生に忘れものしてませんか?

 最近大事な人とゆっくりおしゃべりしましたか?

 大切なことってなんでしょう?

 心やさしい誰かに出会えましたか?

 宝物いくつ持ってますか?」




今年は身近な人の大切な人が何人か星になった年で

それを思うとやっぱりちょっと うん 哀しみが

またわたしの中に溜まってくるんだけど

でも それは それでいいと思うんだよね


哀しいときは哀しんだらいいと 思うから



上に書いた5つの問いかけはその内のおひとりの大切な人が

書き残していたことで

そのことをブログに書かれていたので

そのままお借りしてきました。



その方もこれを見つけたとき そして もちろん今もこれからも

この問いかけを忘れず 心の真ん中に携えて 生きていかれるんだと思うけど

わたしも そうしようと 思う



そしていつか そんな こんな 話を

大事な人と 時間をかけて ゆっくり 静かに

手を繋いで 空を眺めながら 話してみたいと

そんなことを


思うのです。


e0051194_20401187.jpg


e0051194_2040785.jpg


e0051194_20403534.jpg



『季節を越えて』 スターダスト レビュー


傷つけていたね
すれ違う心 互いに知らず
眩しすぎるから
君の涙さえ 見えずにいたよ

My sweetheart 愛の行方 見失ってた
My sweetheart いつも 隣にいたのに

忘れればいいさ
悲しい夢なら 二人の胸で
木洩れ日揺れてる
いつもの道まで 歩いていこう

My sweetheart 言い忘れてた事があるよ
My sweetheart 君だけを愛している

泣かないで ひとりだけ この道は
輝いてどこまでも 続いている
信じあう心なら 寄り添って
ふたり歩いてゆける 季節を越えて

もう一度 微笑んで 僕だけに
誰も君の かわりには なれないから
離さない いつまでも 抱き締めた
僕の腕の ぬくもり 感じていて

泣かないで ひとりだけ この道は
輝いてどこまでも 続いている
信じあう心なら 寄り添って
ふたり歩いてゆける We may pass this way again
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2012-12-12 20:40 | 心に響いたこと