憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー

<   2005年 09月 ( 75 )   > この月の画像一覧

無題

e0051194_2295339.jpg

                   ことばなんて いらない  よね  ?
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2005-09-30 22:10 | 写真

かくれんぼ

e0051194_2284631.jpg


ふふふ♪

おしりとしっぽ、見えてるよ♪
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2005-09-30 22:10 | 写真

鳳凰

工房へ向かう電車の中でふと空を見上げた。
e0051194_20485010.jpg
「?!!」

びっくり仰天☆

「何これ?!」
「デカッ!」
「鳥?!!」

慌てて電車を
降りてパシャ☆

でもこれは
ほんの、ほんの
序章にしか
過ぎなかった

駅について工房までの道のりを歩いていたら・・・
e0051194_20492445.jpg
青い空に
突如

大きな
大きな
鳥が
現れたような
気がして

あまりのことに
鳥肌がたつのは
もちろんのこと

少し寒気さえした

空には『それ』以外雲ひとつなくて だから そのカタチが余計に際立って見えた。
そして頭の片隅でその“存在”を気にしながら わたしは歩き出した。e0051194_20494539.jpg

ちょっと歩いて 
ちょっと見上げる

ちょっと歩いて
ちょっと見上げる

これを何度と無く
繰り返していたら

「え・・・・???」
「なにコレ・・・・・」

もう ボー然 と
してしまった・・・


見上げる度に形が・・・ 形がみるみる変わっていくのだ。まるで生きているようだった。
そして工房に着く頃には、もう誰が見ても分かるその形をありありと私に見せつけていた。
e0051194_2050865.jpg



完璧に

鳳凰

それ以外の

ナニモノでも

なかった


これは一体どういう・・・ 道を歩く他の人は誰ひとりとして“それ”に気付いていない。
「まさか私にしか見えてないの・・・?」  しかし、まだコレで終わりでは無かった・・・
e0051194_2051524.jpg



なんと

その鳳凰から

羽が

羽が  一枚

落とされたのだ






この 『見事なまでに 完璧で 完成された 一連のショータイム』 はこうして幕を閉じたのだが、
このようにあまりにも信じがたいスゴイことが目の前に現れると、人はちょっとおかしくなる
ということがよく分かった。私の場合、思わずひとりでゲラゲラと声を出して笑ってしまうところだった。


生まれて初めてのこんな経験☆生きてるうちに1回あるかないかの貴重な体験☆
これは今の私に向けられた何かのメッセージだと思っていいんですよね・・・?
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2005-09-30 22:06 | 伝えたいこと

何でもない風景が

何でもないいつもの風景が 

とても とても美しく  見える そんなときがある。


帰り道々  心が欲するままに  シャッターを押した。


薄いブルーの空が  オレンジ  そして  ピンクに

刻々と 変わっていく  その姿を  

追いかけるようにして  わたしは  シャッターを 押した。


e0051194_23391718.jpg

e0051194_23392818.jpg

e0051194_2340411.jpg

[PR]
by w-rainbow-rieko | 2005-09-29 23:43 | 伝えたいこと
下の2つの投稿、書けたのは全部Oさんのおかげ。

ギャラリーR.PのOさん。

今日、会ってきた。

毎週会いに行ってるけど、今日ほど会いに行ってよかったと思った日はなかったかもしれない。

いつもそうだけど、今日はいつも以上に たっくさんの元気とパワーをもらった。

昨日あんなにブルーでどうしようもなくて、今日もそれを引きずってたはずなのに、

ギャラリーの扉開けた瞬間から 「わたし 何でこんなに笑ってるんだ?」 状態。

この現象、不思議でしょうがなかった。

でも、これって『不思議』なことなんかじゃなくて、『当たり前』って言うんだろうな。

だって Oさん だもん。

だって Oさん スゴイ人なんだもん。

とても小柄で華奢な方なのに、あの存在感の大きさ。

加えて、 オーラ&パワーの出てる量、みんなをやさしく包み込む愛情の深さ、

知識と経験の豊富さ、声の大きさ、心からの笑顔と笑い声、どれをとっても  半端じゃない。

Oさん ホント に スゴイです。 スゴすぎです。

そして 毎回 感謝です。  ダイスキです。 (あ、告っちゃった☆)

Oさんへ
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2005-09-29 23:17 | 伝えたいこと

いつもの帰り道 <part 2>

e0051194_1839259.jpg

                       そして川と反対側に目をやると
               夕日に照らされた稲穂がキラキラと金色に光っていました。

                       ときどきやさしく吹く風に身を委ね、 
            ゆらゆら揺れている姿を見ていると、何だかとても愛おしい気持ちに☆


               わたしだけの時間を思う存分満喫した 幸せなひとときでした。
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2005-09-29 18:39 | 写真

いつもの帰り道 <part 1>

e0051194_1818302.jpg

               家までの帰り道、いつも川沿いをのんびーりと歩いています。

                 この川、黒く濁って澱んでどうしようもなく汚い川だけど
              ふと川面を見てみると雲がほんのちょっぴり映り込んでました☆


                      穏やかな秋の夕暮れの1コマです。
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2005-09-29 18:18 | 写真

まぁるいかたち

シャーリーテンプル を飲んだ。

わたしはアルコールが苦手。

ぜーんぜん飲めない。

でも、飲んだ。

飲めた。  (と、いってもグラス1杯だけだけど・・・)


シャーリーテンプル。  

お酒に疎いわたしの率直な感想は

にんじんジュース か トマトジュース  の 色。

きれいな赤色の液体。

グラスの底に赤褐色のどろっとしたものが潜んでいた。

その正体は何?

そんなこと分からなくてもいいや、と  マドラーでくるくるくる。


そのシャーリーテンプルのなかに

まぁるい まぁるい   まぁるい  氷 が 浮いていた。

ピンポン球大の まんまる 氷


それを見て  

かわいい女の子を想像した。

角がなくて素直で誰からも愛される かわいい子。


わたしには    ない。

そういう  まぁるい まぁるい  透明の もの

そんな  女の子に  なりたい。
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2005-09-28 21:49 | あれこれ雑記
それはきっと

生きていく上で  

どんなことにでも

どんな場面ででも

当てはまる

とても大切なことなんだろうなぁ

改めて聞くと

なんて 心に響く ことばなんだろ。。。


『チャレンジは何度でも』
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2005-09-28 21:06 | 心に響いたこと
最近、ブログを書いているとき、ミスチルのインストゥルメンタル っていうのかな?
歌詞が入ってない音楽だけのものを聴いています。
(このサイトを利用させていただいてます→Memories of Mr.Children

普通の歌詞入りCDを聴きながらだと、どうしてもそちらに意識がいってしまって
というか、単に桜井さんの声に聴き入ってしまって手がストップしてしまうからなんだけど☆

そのときの気持ちに合ったもの、そのときの心理状態で聴きたいと思うものを
何回も何回もそれはもう永遠に近いくらい繰り返し繰り返し流しています。


昨日は『It's a wonderful world』

今日は『Drawing』

--------------------------------------------------------------------------
遠い遠い子供の頃夢で見た景色が
一瞬フラッシュバックしたんだ
笑いながら僕の頬にキスをする少女が
君とオーバーラップして

淡い光の曇り空に
フワフワな時を刻んでいく
この素晴らしい 煩わしい気持ちを
真空パックしておけないもんかなぁ

絵に描いたとしても 時と共に何かが色褪せてしまうでしょう
永遠はいつでも 形のない儚い幻影
君と共に 僕の元に

もっともっと上手にいろんな絵を描けたなら
やっぱり君を描きたいな
僕にとって君とは つまりそう小さな点
そしてあらゆる総て

デタラメと嘘の奥に
本当の答えが眠っている
この素晴らしい 慌ただしい
人生を二人三脚で越えて行けるかなぁ

どんな場面でも 僕の絵には必ず君が描かれていて
目を閉じたまま深呼吸してみれば分かる
君はいつも 僕のノートに

絵に描いたとしても 時と共に何かが色褪せてしまうでしょう
永遠はいつでも 形のない儚い幻影
君と共に 僕の元に
そしていつも 僕のノートに
--------------------------------------------------------------------------


うん。
こんな風に穏やかに 愛されたら 嬉しい。 嬉しいな。


あなたの真っ白いキャンバス
まだ何も描かれていないものが 1枚 残っているとしたら
そこには何を描きますか?

いつか わたしを描いてくれる日は きますか?


あなたのとなりにいると しあわせ
あなたのとなりにいると さみしい
あなたのとなりにいると うれしい
あなたのとなりにいると せつない

いつも 

いつも この繰り返し

もう何回も 何回も 繰り返してる


そして

あなたのとなりにいると 

永遠 は ないんだ と かなしくなる


それでも

わたしは あなたの となりが 欲しい

あなたの左に いつも 立っていたい

ここに おいで って 言って欲しい


だけど

それは 今までも これからも 望めないこと

望んじゃいけないこと

分かってる 分かってる 分かってる    分かってる・・・


だから お願い

あなたの心の奥にある 秘密のノート

もし わたしがちょっぴりでもDrawingされているなら

消さないで

まだ 

まだ 消さないで下さい・・・
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2005-09-28 09:44 | あれこれ雑記