憧れ。


by w-rainbow-rieko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧



来年する予定の個展会場、今日、決めました。

先ほど予約、しました。

日程は、2010年 10/8(金)~10/12(火)

場所は難波と日本橋の間にある『アートスペース亜蛮人(あばんど)』というギャラリーです。

ギャラリーHPはこちら→http://www.aband.jp/



何でここに決めたかというと。

個展をする際に、自分の中でユズレナイ条件がいくつかあって

それを満たしてくれる場所だったっていうのがひとつ。


そしてもうひとつは、不思議なご縁と繋がりがそこにあったっていうこと。



今、このふたつがわたしの両の掌にしっかりと握りしめられています。

このギャラリーとここのオーナーさんに出逢えてホントに良かったです。


きっと、元々そういう風に、決められていたことなんだろうけど
それが今のこのタイミングで訪れてくれたこと
本当に感謝しています。


大事にしたいです。
こういうこと
いつまでも

チャンスと巡り合いと出逢いと繋がり
そして、ご縁

人生って本当にステキで面白い。
ありがとう ありがとう ありがとう。





↑で書いたことをちょっと説明すると。

個展をする際において、自分の中でユズレナイ条件 とは、

①1階で、道路に面していること
②太陽光が差し込むこと
③出窓式のショーウィンドウがあること
④出入口と中(床)がフラットであること(段差が無いこと)
⑤白い壁であること
⑥床はできれば木がいいこと
⑦展示に際して融通が利き、自由にさせてもらえること
⑧使用料はできれば5万円以内が希望
⑨オーナーがいつも在廊してくれること
⑩希望の日程が空いていること

これらが3つか4つくらい当てはまればいいかなって思ってたんですけど
なんと、9つも!当てはまってるんです!!

当てはまらなかったのは⑥だけ。床はコンクリ。でもそんなの全然OK!!
だから結局のところ、全てが満たされてるってことなんです!!!

これはもう決めるしかないでしょう!!!


それで、どうしてこのギャラリーに辿り着いたかというと、
以前バイトさせてもらっていたギャラリーのオーナーさんの弟さんに
「この条件を満たしてくれるような個展会場を探しているんですよー」って話したら
後日わざわざ教えてくれて、1回見に行ってみようと思い、
丁度24日の火曜日にこの付近に行く予定があったので
折角なので、足を伸ばしてお伺いすることに。


中に入ってみたら、すぐ思った。感じた。ビンビンと。ひしひしと。
「ここ、いい」って。
「ここ、氣持ちいい」って。


そして、オーナーさんがすぐに出てきて声を掛けて下さったので
わたしも迷わず「来年個展をしたいと思っていて、その会場探しをしているところです」と
話をしました。

もちろん、この場所を教えて下さったバイト先のギャラリーの方のお話も。
そしたら「あのギャラリーさんとは仲良くさせてもらってますよー」と。


続けて、ジャンルは陶芸で今回はオブジェを展示したいと思っていることを話すと

「わー陶芸!嬉しいです!僕、実は平面より立体が好きで
 立体作家さんを探しているんですけど、なかなかいらっしゃなくて…
 なので、もし良かったら是非個展して下さい!」

と何とも有難いことをおっしゃって下さって。


そして、わたしの過去の展覧会の状況や様子、来年の個展への想い、をお話し、
亜蛮人さんのギャラリーの使用についてとか、コンセプトとか、
オーナーさんの考えとか、オープンから今までのこと、これからのこと、
などなど、色々とお話していただき、それが全部オーナーさんのお人柄に
出ているような氣がして、なんかとってもホッとするというか、安心感に包まれました。

何か変な話、初めてお会いしたような感じは全くしなくて、
それが最初からとても不思議でした。


そして最後に名刺を交換して 帰ろうと思ったら、
わたしの名刺を見て

「え?!あなた、〇〇さん(わたしの名字)ですか?!」

って超驚いた表情&大きな声でおっしゃったんです。


そう言われてわたしもビックリ!

「え?!わたしのこと、ご存知なんですか?!」


そしたら

「僕、あなたの個展、拝見しました!!」

って。

わたし、またまたビックリ!!



どうやらオーナーさん、わたしの最初の個展、谷六にあるギャラリーそらさんでの展覧会を
偶然ご覧いただいていたんです。


そして、その内容とわたしの名前をしっかり覚えていて下さったんです。


こんなスゴイことってない。

3年前にした個展。
展覧会の内容なんて全然どってことない
拙くて幼稚で今思うとどーにもこっぱずかしい展示だったのに
なんかむしろあんなのを見ていただいてたことが恥ずかしくなるくらい

なのに、覚えていて下さった。

しかも、

「あのときはお逢いできなかったのに今ここで逢えるなんて、とっても嬉しいです!!」

って。


そんな風におっしゃっていただけたことが本当にとても嬉しくて、
その偶然と目に見えない糸で繋がっていた不思議な縁に心から感謝して、

ここで、このギャラリーで、このオーナーさんの元で4年ぶりの個展をしようと
決めました。



今回、こんな体験をして、また改めて思いました。
ホントにわたしはツイテル。恵まれてる。守られてる。囲まれてる。愛されてる。
わたしはいつも流れるままに導かれるままに行動してるだけだけど
いつの間にかちゃんとそのときそのときにベストなタイミング、
いちばんいい状況・いい状態が完成した時点で
行くべきところ、逢うべき人のところに
必ず連れていってくれる。


目に見えない力は本当に存在する。
ただただ感謝。わたしにはもう、それしかない。

代わりにできることと言えば、わたしの今いちばんの目的である
来年の個展を成功させる それだけ。

わたしにできることはそれだけ。

だから、それを精一杯やろうと思う。


楽しむ氣持ちを忘れることなく、思い切り、がんばりたいと思います。

今この瞬間から、氣合いと氣持ちを入れ直して、
また明日からオブジェづくり、作品づくり、励んでいきまーす!



個展について詳しいことが決まったらまた随時お知らせさせていただきたいと思うので
来年の10月、時間のある方は是非見に来て下さいね!!!
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2009-11-26 22:05 | 陶芸



昨日、行きと帰りの電車の中、

何氣なく窓の外を眺めてたら、

それぞれ別の場所だったけど、

目に入ってきて釘付けになった

淡いピンクの看板



そこには

『Love is best』

と書かれていた



看板のサイズと全体像を見た場合、

どう考えても端の方、

しかもあまり大きくないサイズのその文字は

言ってみればむしろ全然目立たない

しっかり目を凝らさなければ何が書いてあるのか分からないほどの

『Love is best』




なのに、わたしには

その文字がシンプルな英語が

シュンッと飛び込んできた



英語が苦手なわたしはこれが直訳、になるかどうかはわかんないけど

『愛こそ全て』

って瞬間的に頭ン中で変換されて

心の中の大事なところにストンとおさまった




そうだよなぁ って 思った

ホント愛こそ全て、だよなぁ  って 思った




ほんの些細なことで潰されそうになるわたしは
ほんのちょっとのことで立ち上がれるわたしでもある



そこをうまく、扱ってもらってて
だから前を向いていられる今

今までこういう意味での成長ってなかったと思う

だからすごく「グングン」って感じ
心が成長してる時、大人に向かって階段上ってるなーって感じる

ポンポンポン!って勢いよく上れてるわけじゃないけど
躍動感はある
しっかり一段ずつ足上げて踏みしめて上向いて前見て
真っ直ぐ伸びる階段、上がってる


ホント感謝してます


いつもいつも、大きな愛をどうもありがとう
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2009-11-10 09:22 | 心に響いたこと


人間は恒温動物のはずですが

わたしは昔から変温動物でして

暑いときは体温が上がり
寒いときは体温が下がります。


夏はいつも軽く37度オーバーになるし
冬はいつも軽く35度アンダーになります。


だから夏は余計暑いし冬は余計寒い。

なので、夏にも弱く、冬にも弱いという
てんでダメダメ人間、なのです…


昨日、めっちゃいっぱい服を着て行ったのに
全然あったまらず、電車の中でずっと鳥肌が立ったままで
まぁ仕事中はあまり感じなかったけど
帰りも「おーー!さぶっ!!」って思いながらチャリンコでぶっ飛ばし、
家に着いたら首のリンパと頭が痛くて
「あーこれヤバイかも…」とは思っていました。
(風邪の引き始めはリンパ腺すぐ腫れるからすぐ分かる)


そしたら、今朝、起きたら、くしゃみの嵐。
ハクション大魔王もビックリするくらいのくしゃみのオンパレード。

やはり来たな…と思い、風邪薬、一応飲みましたが
どうなんでしょうか…

何となく首から上が重くて熱いので、
これは熱出ちゃってるかも。と思って今計ってみたところ
そこはあれですね、
わたしはやっぱり変温動物。なはは~
低いままでした(笑)
35.8しかなかった(^^;)
いや、でももしかしたらこれでも上がってる方だったりして??
この季節の平熱が自分自身どれくらいなのかが分からないだけに
35.8が一体どのラインなのか判断できず…

でもまぁ大丈夫でしょ!!

氣合いよ氣合い!!

がんばって働かねば!!!!!


全国各地で木枯らし1号が吹き荒れ、一氣に寒くなってきた今日この頃、
皆さんも風邪(特にインフル!)ひかないように氣を付けて下さいねーーー!!
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2009-11-04 09:50 | あれこれ雑記

10/31(土)、仕事が休みだったので
今、神戸・住吉で毎週土曜日に開催されている『書の教室』に行ってきました。

第1回目の大阪・中崎町での書の教室で一緒だったSさんが企画者として開催されている
『神戸・大人の書』、もちろん先生は同じ方=ばーごん先生。

今、中崎町教室では第2回目が開催されていますが
今回はわたしはお手伝いに回っていて
だから、「書く」ということは本当に久しぶり。

「ん~?? 書ってどんな感じだったっけ~~??」
って始まる前は「???」がいっぱい飛んでいる自分に戸惑ったりもしていましたが、
いざ始まってしまえば、もう全然自由に完全に思い切り好きなように書けてしまいました。

やっぱり楽しい。

もちろんお手伝い側として教室に参加していても
参加者の皆さんが楽しそうに書かれてる姿を見られるから楽しいんだけど
でもその楽しさの種類が全然違う。

実際に自分がするっていうのはやっぱりスゴイ、と思います。
見てるだけでは分からないことがやってみるとすぐ分かる。
それをまた改めて実感。

ホントに行って良かった!
Sさんとも久々に会えて嬉しかったです(^_-)-☆



これはたくさんあるお題の中のひとつ、『響』

e0051194_11352235.jpg
いっぱい書いた中でいちばん好きだなと思ったわたしの『響』

書いてるときは特に何も考えず、上の郷と下の音を何氣なく離して書いただけだったんですけど、
書き終わったらなんとなく「あぁ ふるさと(故郷)の音楽ってこんなイメージなのかなぁ」って思いました。

やさしくて長閑で穏やかな音が流れてるイメージがふんわりと降りてきてなんか嬉しくなりました。



今回の教室のテーマだった『好きな文字を何枚も書く』 でわたしが選んだのは 『繋』

こちらもホントにいっぱい書いた中、お氣に入りの2枚をセレクト。

e0051194_11355698.jpg
つながっていくときってお互いに自分と相手の糸をしっかり結んでいく行為だと思ってるので
糸をしっかり大きく書いて上の字を支えてるイメージ。

e0051194_1153373.jpg
こっちはわたしにしてはちょっと珍しい激しくて荒い感じの字。
でも、勢いがあっていいなと思ったのです。
かすれた感じからも「繋がりたい!」っていう強いパワーが出てるような氣がします。



そんな書の教室で先生をして下さっている方(ばーごん先生)が昨日から個展をされています。

実は今回、わたしがつくった器に文字を書いてもらって、ふたりで初のコラボ作品を5点つくり
展示させていただいていますので、もしお近くにいらっしゃることがありましたら
是非ご高覧いただきたいなと思います♪
(展覧会の様子、コラボ作品の写真などはまた後日ご紹介させていただきまーす!)


伊藤進 心書展 『感謝』

期間:11月1日(日)~7日(土)

時間:12時~19時(最終日は17時まで)
    ☆全日在廊(11月3日だけは所用により17時から居ます)

場所:ギャラリー ヘイ・オン・ワイ   大阪市北区天満2-6-3-113   tel:06-6358-7857

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&utm_source=ja-hp
地下鉄、京阪「天満橋駅」より徒歩6分


ばーごん先生のブログはこちら→http://susumuito.exblog.jp/
(HPもリンクされてます!)

[PR]
by w-rainbow-rieko | 2009-11-02 12:12 |



いつ聴いても、思い出す。

いつ聴いても、あったかくなる。



大好きな唄

好き。

大好き。




羊毛とおはな  『晴れのち晴れ』

試聴できます☆
[PR]
by w-rainbow-rieko | 2009-11-01 07:00 | 音楽